トップ市民活動センターからのお知らせ > 「第2回まちのかたり場」を開催しました!

「第2回まちのかたり場」を開催しました!

平成26年度 小牧市市民活動センター 人材育成・研修・交流促進事業
「第2回 まちのかたり場」を開催しました!


katariba1.JPG katariba2.JPG
今年度で2回目となるまちのかたり場は、
11月9日、小牧中部公民館大会議室にて開催しました。


katariba3.JPG katariba4.JPG
今回も「障がい者支援事業よつばらんど」さんのご協力のもと、カフェコーナーを併設。
素敵な笑顔とおもてなしの心で、運営をサポートしてくださいました。


katariba5.JPG katariba6-1.JPG
ゲストスピーカーとしてお招きした、特定非営利活動法人志民連いちのみや理事長
星野博さんのスピーチでは、一宮を中心としたまちづくりや中間支援活動をもとに、
「まちづくりにおいて、市民の皆さんのご協力、志が不可欠です」とお話しされました。


katariba7.JPG katariba8.JPG
また、昨年度のまちのかたり場に参加された谷口富雄さんから、企画している活動の仲間づくりのために取り組んでいることを、同じく苅谷敏彦さんからは、町内会活動を通してみえてきた問題などお話いただき、今回のセッションでの参考とさせていただきました。


katariba9.JPG
そして、協働提案事業化制度アイデア提案者である片山雄介さんより、
「在宅酸素治療(HOT)患者のアクセス・ケア」についてご説明していただきました。
かたり場の皆さんのお話し合いをもとに、
ご提案していただいた内容をブラッシュアップしていきます。


katariba10.JPG katariba11.JPG
かたり場セッションでは、みなさんから募集したテーマを基に、4つのグループに別れ、
「介護・福祉における地域での支え合いについて」
「地域における外国人との関わり方について」
「ライフステージに応じた地域との関り方について」
「地域活動と市民活動のつながりについて」
という内容で、自由に語り合っていただきました。
ソーシャルビジネスの話や、“お日待ち”という文化の話が出たり、おひとりおひとりで意見が様々。
「時間が足りない」「もっとこういった機会を設けて欲しい」などというお声もあり、みなさんまだまだ話し足りないご様子でした。


katariba12.JPG katariba13.JPG
グループでディスカッションしていただいた内容は、それぞれ模造紙にまとめ、
テーブルファシリテーターの方々に発表していただきました。
たくさんの意見があり、模造紙を2枚使用されたグループもありました。

※テーブルファシリテーターは、小牧青年会議所の皆様にご協力いただきました。


katariba14.JPG katariba15.JPG
その後、星野さんによるアドバイスでは、「小牧は活発な意見が出ているし、行政が温かくバックアップしてくれている。みんなが同じ地域課題を解決していく仕組みを、ここで止めずに繋げていってほしい」とお言葉をいただきました。
最後に、こまき市民活動ネットワークの秦野代表による総括にて、今回のかたり場は幕を閉じました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://npo-komaki.net/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/651

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)