トップ市民活動センターからのお知らせ > 平成29年度 「まちのかたり場」を開催しました

平成29年度 「まちのかたり場」を開催しました

1月20日( 土)に小牧勤労センター多目的ホールにて「まちのかたり場」を開催しました。
この企画は、『わがまちの「今」を知り、「未来」を描く。できること、やってみたいことを年齢や立場を超えて語り合おう』というもので、日ごろから自治活動や市民活動などに取り組んでいる市民38名が参加しました。

■「小牧市における地域(地区別)課題と地域自治の現状について」
はじめに、小牧市役所協働推進課大塚係長より、市内6地区の人口推移や高齢化率、また犯罪・火災の発生状況や巨大地震による被害予測など、さまざまな視点で集められた情報が提供され、そこから読み取れる地域の特性や課題についての説明がありました。

 AP1011902.jpg  AP1011903.jpg
 ▲協働推進課 大塚係長  ▲地域別にテーブルを囲み、地域の現状に
    熱心に耳を傾ける参加者
    

■小牧市市民活動団体パネルディスカッション「みんなで取り組むまちづくりについて」
コーディネーターとして(特)志民連いちのみやの星野博理事長をお招きし、“篠岡里山竹の会×光ヶ丘3丁目町内会”、“小松寺区の環境を良くする会×こばと子ども会”の協働による事例紹介を行いました。それぞれの団体の方々がパネリストとなり、団体設立のきっかけや地域の特性、協働事業の始まりなど星野氏からの質問に詳しく答えていただきました。

 AP1011917.jpg  AP1011926.jpg
 ▲志民連いちのみや理事長 星野氏  ▲事例発表団体と星野氏によるパネルディスカッション
   

午前はここまでで終了し、昼食をはさんで午後のワークショップに移りました。


■ワークショップ 「わが地域の課題について考えてみよう」
ここからはテーブル(地区)ごとに分かれ、昨年度出された課題をもとにそれぞれの地域の課題と解決策について意見を出し合いました。

AP1200746.jpg
 ▲パネルに展示した昨年度の地域ごとの課題をじっと見つめる参加者たち

次にグループで出した課題と解決策に対して自分たちの力でできそうなアイデアを出し合いました。その中から実現可能なものを選び、グループごとにプランニングシートを作成し、実施方法を考えてみました。


~各地区のようす~
<小牧・小牧南地区>             <北里・味岡地区>
AP1011978.jpg AP1011992.jpg
<篠岡地区1>                  <篠岡地区2>
AP1011984.jpg AP1011986.jpg
▲地域の課題と解決方法を書いた付箋で書模造紙がいっぱいになりました。


各グループで作成したプランニングシートをもとに、課題に対する社会背景やニーズ、解決方法や具体的な実践方法などをそれぞれ発表しました。

AP1012006.jpg AP1012019.jpg


■ 地区ごとの発表内容

                    
<小牧・小牧南地区>   <北里・味岡地区>
グループ名:いつでも成瞬    グループ名:AKG発動隊
課題:人と人のつながりが希薄   課題:地域情報を広めるために(広報)
Akomaki-minami.JPG     Akitazato-ajioka.JPG
      
<篠岡地区1>  <篠岡地区2>
グループ名:しのおかめでぃあみっくす  グループ名:私の誕生日
課題:地域住民に十分情報が伝わっていない  課題:高齢者が(特に男性)が語り合う場所がない
Asinooka2.JPG     Asinooka1.JPG  


参加者からは、「実際に話し合った内容を実施するための次のステップに進めるとよいと思う」という意見や、「他地区の方との交流や情報交換ができてよかった」「この様な場を地区サイズでも行ってほしい」といった感想があり、地域住民同士による顔の見える関係づくりや情報共有の必要性をあらためて知る機会となりました。

AP1012045.jpg
 ▲プランニングシートを持った参加者の笑顔をパチリ! 


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://npo-komaki.net/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/913

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)