トップ > 活動紹介

[活動紹介] アーカイブ

2017年04月04日

NPO法人尾張すずなり会から「春の里山散策会」参加者募集のお知らせ

NPO法人尾張すずなり会が「春の里山散策会」を開催します。
里山を歩いて遊んで春を探し春も味わってみよう!


gatag-00001688.png

【内容】 春の里山を散策し、里山で遊び、草花を観察して食べることのできる草花を摘み味わいます。

【日時】 平成29年4月23日(日)9時30分~12時
      受付9時30分より

【会場】 小牧市大山地区内 うなぎ谷 すずなりの森

【講師】 尾張自然環境観察人 柴田和則様

【定員】 先着40人まで

【参加費】 各1人につき100円(里山保存整備協力金)

【持ち物】 里山で活動できる服装、軍手、飲み物、おにぎり

【その他】 小雨決行

【申込先】 NPO法人「尾張すずなり会」
       090-1416-7123 鈴木

2017年02月16日

「あいちプロボノチャレンジプロジェクト2016」中間報告会を開催しました!

2月11日(土)、小牧勤労センター大会議室にて、「あいちプロボノチャレンジプロジェクト2016」の中間報告会を開催しました。


12月にスタートした「あいちプロボノチャレンジプロジェクト2016」。
現在、尾張地区では、企業の社員や行政職員などのプロボノワーカー17名がそれぞれのチームに分かれ、3つのNPO団体の支援を行っています。
その支援内容はさまざまで、団体内の現状分析を行ったうえで、取り組むべき課題とその解決方法を皆で決定し、イベントのマニュアル作成や連携先拡大方法の検討、情報発信力の強化などの課題に取り組んでいます。
この日は、各チームごとに現在までの進捗状況をメンバー全員で改めて確認し合うこと、そして、他チームの活動を知ることで新たな気づきや可能性を広げるために、たっぷりと時間をかけて情報共有を行いました。
また、アドバイザーとしてお越しいただいた(特)中部プロボノセンター 戸成共同代表理事より、発表内容へのヒアリングと最終目標への具体的な進め方など、厳しくも励みとなるたくさんのアドバイスをいただきました。


はじめに、チームに分かれ、進捗状況の確認とまとめ作業を行いました。

28probono.jpg  28probono2.jpg
現在取り組んでいる課題を確認し、これまでの成果や改善点などを話し合い、模造紙にまとめていきます。
これまでに、同じ目標に向かって議論や作業を行ってきた同志。和気あいあいとした雰囲気で話が進み、大いに盛り上がりました。


次にチームごとに進捗状況の発表を行い、それぞれに(特)中部プロボノセンターの戸成代表理事から助言をいただきました。

28probono4.jpg  28probono5.jpg
▲あいちかすがいっこ              ▲小牧にぎわい隊

28probono6.jpg  28probono7.jpg
▲社会復帰支援アウトリーチ         ▲各チームへ助言をする戸成氏

今後、軌道修正が必要なチーム、そのまま進めていくチーム、更にその先の一歩を考えるチームとゴールに向かって進む内容はそれぞれ。3か月間の集大成まで、もうひと踏ん張りです。


3月4日(土)にウインクあいちにて、愛知県内でプロボノを体験したNPOとプロボノワーカーによる、活動報告会が開催されます。
参加者を募集していますので、プロボノに興味のある方など、ぜひご参加ください!
(活動報告会についてはこちらをご覧ください → http://www.npo-komaki.net/topics/2016_3.html )

2016年10月28日

第37回小牧市民まつり小牧山会場『夢・チャレンジげんき村」を開村しました!

第37回小牧市民まつりが10月15日(土)・16日(日)の2日間開催され、こまき市民活動ネットワークは小牧山会場で恒例となった「夢・チャレンジげんき村」を開村し、市民活動団体による体験ブースや楽しいパフォーマンスで、まつりを大いに盛り上げました。

IMG_3603.JPG  IMG_3607.JPG

【げんき村パフォーマンスエリア】

●けん玉ショー&体験(15日のみ)
静岡県よりプロのけん玉講師大川英一郎さんと大和君(7歳)親子を招き、けん玉ショー&けん玉体験を行いました。

IMG_3542.jpg  IMG_3547.JPG 

素晴らしい技の数々で魅了した大川英一郎さんと、世界最年少の最高段位五段(6歳115日)のギネス世界記録を持つ大和君。

IMG_6223.JPG  IMG_6202.JPG

けん玉体験では、時間の許す限り、一人一人の手を取って指導をしてくださいました。

IMG_3452.JPG  IMG_6242.JPG 


●げんき村子ども相撲
東田中で活動する「三ツ山子ども相撲」と(一社)小牧青年会議所の協力により、昨年に引き続き「げんき村子ども相撲」を実施。15日は40名、16日は30名の子どもが参加しました。

15日はキャラクターのこまき山ときっちゃんを相手に、子どもたちが一人一人対戦。大きな相手に体ごとぶつかっていく子どもたちに、こまき山もきっちゃんも全敗~!

IMG_3517.JPG  IMG_3516.JPG

IMG_3523.JPG  IMG_3535.JPG


16日は、子ども同士によるトーナメント戦。4つのグループに分かれ、優勝を目指して戦う子どもたち。熱戦が繰り広げられる中、ギャラリーから大きな声援が送られました。

IMG_3640.JPG  IMG_3650.JPG

IMG_3653.JPG  IMG_3657.JPG

●スポーツ吹矢
日本スポーツ吹矢協会小牧フレッシュ支部による、デモンストレーション。精神を集中させて的を狙います。

IMG_3634.JPG  IMG_6251.JPG  

●ふろしきバルーン
新日本婦人の会小牧支部による5メートル四方の大きなふろしきバルーンは、毎年、子どもたちに大人気!今年も子どもたちの笑顔が弾けました。

IMG_6161.JPG  IMG_6170.JPG


●信長おどり、白玉星草おどり
小牧自然歴史の会も、パフォーマンスエリアでは常連団体のひとつ。今年も輪になって踊りを披露してくださいました。

IMG_3460.JPG


●ヨーヨーパフォーマンス
フリーマーケットサークル・ガレージアヒルによる、ヨーヨーパフォーマンス。公式大会でのスゴ技を見せてくれました。

IMG_3688.JPG


【市民活動団体による体験ブース】
会場をぐるりと囲んで並んだテントでは、げんき村ならではのさまざまな体験があり、終日多くの親子連れが訪れ賑わいを見せました。


●日本スポーツ吹矢協会小牧フレッシュ支部 *スポーツ吹矢体験

IMG_3358.JPG

●小牧ケアサービスまごころ *グラウンドゴルフ

IMG_3595.JPG

●小牧市山野草の会 *こけ玉作り体験

IMG_3593.JPG

●コープあいち小牧地域委員会 *手づくりゲーム

IMG_3488.JPG

●全建愛知小牧支部 *親子木工教室(子供用イス・壁飾り作り)

IMG_3367.JPG

●兒の森活動グループ *丸太切り・檜の皮むき・しおり作り

IMG_3372.JPG

●青年の家サポーターズ *手作りゲーム屋台

IMG_3572.JPG

●野遊び塾リトル・トリー *ウッドバーニング・小枝工作体験

IMG_3574.JPG

●竹と炭工房(小牧竹とんぼの会) *スーパー竹とんぼ体験・販売

IMG_3376.JPG

●生涯学習ボランティア・こまき *マジックスクリーンとプラパン工作

IMG_3579.JPG

●小牧防災リーダー会 *防災ぬりえ・防災グッズ展示

IMG_3580.JPG

●小牧災害ボランティアネットの会 *防災紙芝居・ロープワーク・スリッパ作り 

IMG_3384.JPG

●にこにこプロジェクト *フェイスペイント

IMG_3678.JPG

●手作り工房 *手づくり体験

IMG_3677.JPG

●紙芝居どんぐり *紙芝居・手遊び・絵本の読み聞かせ

IMG_3392.JPG

●小牧自然歴史の会 *ホタル・ツノプラナリアの観察

IMG_3675.JPG

●愛林会 *竹コマ作り体験・竹細工販売

IMG_3674.JPG

●つみきの会 *プラパン工作

IMG_3672.JPG

●新日本婦人の会小牧支部 *わた菓子・アロマスプレー作り

IMG_3670.JPG

●フリーマーケット・ガレージアヒル *ヨーヨー・アクセサリー作り&体験

IMG_3473.JPG

●ふわふわランド 協力:愛知県労働者福祉協議会尾張北支部

IMG_3387.JPG

●スタンプラリー 協力:小牧市子ども会連絡協議会

IMG_3369.JPG  IMG_3493.JPG


その他にも、廃タイヤにペイントをして芝生の上に飾ってみたところ、多くの子どもたちが遊ぶ人気のコーナーになりました。

IMG_3681.JPG  IMG_3242.jpg 


今年も、2日間に渡り、たくさんの笑顔に出会えた「夢・チャレンジげんき村」でした。
来年もまた、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

2016年09月28日

第37回小牧市民まつり 小牧山会場『夢・チャレンジげんき村』開催のお知らせ

市民活動団体が小牧山会場に大集合!!
ワクワクする楽しい体験が
みんなをまってるよ!
是非ご家族、お友達とおでかけください。

H28gennkimuratirasiomote.jpg H28genkimurtirasiura.JPG


げんき村チラシ表(PDF741KB)
げんき村チラシ裏(PDF467KB)


【日時】 平成28年10月15日(土)10:00~16:00
              16日(日)10:00~16:00
※雨天決行(荒天中止)

【会場】 小牧山史跡公園

【内容】  小牧市内で活動する市民活動団体20団体が、“夢・チャレンジ”をテーマに
     親子で楽しめる体験ブースを出展します。 また「三ツ山子ども相撲」とコラボ
     レーションし、相撲大会を開催。 15日は「こまき山」や「きっちゃん」も登場します。
      パフォーマンスエリアでは、けん玉師 大川英一郎さんと大和くん親子による
     けん玉パフォーマンスと体験会があります。
     みんなでチャレンジしよう! 


【問合せ先】 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク
         〒485-0041 小牧市小牧2丁目107番地 小牧市公民館4F
         開設時間:10時~18時 休館日:月曜日
         TEL:0568-74-4011 FAX:0568-74-4070

2016年08月31日

平成28年度「まちを育む市民と行政の協働交流会」を開催しました

8月25日(木)午後6時30分より、小牧市役所本庁舎6階601会議室において
「まちを育む市民と行政の協働交流会」を開催しました。


この交流会は、協働のパートナーとなる市民(市民活動団体)と行政が互いを良く知り、
気軽に交流が行えるような顔の見える関係を作ることを目的に、平成25年度から取り
組むものです。
今回は市民活動団体から32名、行政から24名が参加し、10グループに分かれて交
流を深めました。


H28kyoudoukouryuukai1.JPG H28kyoudoukouryuukai2.JPG
はじめにこまき市民活動ネットワーク秦野代表理事より、本事業の主旨・目的および
協働の考え方などについて、協働紙芝居を使って前講義がありました。


続いてグループワークに移り、それぞれ自己紹介を行ったあと、話し合うテーマ(小牧市
の課題)を決めることからスタートしました。
テーマ選びには、今年度の小牧市新入職員の皆さんが、協働研修(7月~8月に2回開
催)でグループワークを行ったまとめが参考資料として配布されました。

H28kyoudoukouryuukai3.JPG H28kyoudoukouryuukai4.JPG
グループワークは2名のファシリテーターにより進行され、グループで決めた課題の
解決のために、市民活動団体と行政がそれぞれどのような役割を果たせるか、また
一緒に取り組むことで、どのような相乗効果が生まれるかについて意見を述べ合いました。

H28kyoudoukouryuukai5.JPG H28kyoudoukouryuukai6.JPG
グループの構成は、市民活動団体と行政職員がほぼ半数ずつ。それぞれの立場から出た
意見や話し合った内容は、付箋に書いて模造紙に貼りつけました。

H28kyoudoukouryuukai7.JPG H28kyoudoukouryuukai8.JPG
最期に、話し合った内容をグループごとに発表しました。1時間ほどのグループワーク
だったにもかかわらず、グループの結束感が感じられる発表で、それぞれの発表に大
きな拍手が送られました。


事業後のアンケートには、「参加して良かった」との回答が95%以上あり、「さまざまな
立場の人と交流ができた」「参考にできるアイデアや意見、発見があった」など、充実し
た意見交換が行われた様子がうかがえました。
また今後、市民と行政の協働を進めるうえで、どのような施策が必要かとの問いには
「本日のような交流の機会を定期的に設ける」が最も多く、続いて「行政職員が、市民
活動団体の活動現場へ足を運ぶ機会を設ける」との回答が多い結果となり、交流の
必要性を強く感じていることがわかりました。


H28kyoudoukouryuukai9.JPG
今回も、本交流会に参加した団体や課の詳しい情報を載せた冊子「参加者情報」を
用意し、自己紹介のツールとしても活用していただきました。この冊子が交流会のみ
ならず、今後あらたな協働を生むきっかけとして役立てていただけたら幸いです。

2016年08月25日

平成28年度小牧市市民活動センター第2回NPO講座「これだけは押さえたい!明日から使える!市民活動・ボランティアのための会計講座」を開催しました

8月19日(金)、小牧市公民館4階視聴覚室にて、平成28年度小牧市市民活動センター第2回NPO講座「これだけは押さえたい!明日から使える!市民活動・ボランティアのための会計講座」を開催しました。
今回の講座は、市民活動団体やボランティア団体にとって大切なことであるが、悩みも多い会計管理について、助成金事業の報告や団体の決算時などに困ることのないように、基礎知識や日常業務のポイント等を学び、また、管理ソフトを使用し実務を行うというものです。


h28npokouza2_1.jpg  h28npokouza2_2.jpg
まずはじめに、市民活動センターのスタッフより、会計の基本的な考え方や日常業務のポイント、勘定科目や振り分け方などについて説明をしました。
日々気を付けるべきこと、どのように科目を振り分けたら良いのかなど、参考になったのではないかと思います。


h28npokouza2_3.jpg  h28npokouza2_4.jpg
ここからは、簡単なエクセルの管理ソフトを使用し、実務をやってみよう!ということで、こまきe-コミュニティーネットワークの河合事務局長を講師に迎え、ソフトの使い方などをレクチャーしていただきました。
ソフトの立ち上げ方から入力の仕方、使用する際の注意点など、細部まで指導していただけたおかげで、参加者からは「ソフトがとても使いやすい」、「実際にワークができてよかった」などの声が多く聞かれました。

どのように日々の管理を行っていくのかを具体的に学んだことで、今後の会計業務に対する団体の負担を軽減することができるのではないかと思います。


会計に関することやソフトの使い方などについてお悩みがある場合は、会計については市民活動センターへ、ソフトについてはこまきe-コミュニティーネットワークへ、お気軽にご相談ください。


【問合せ先】
小牧市市民活動センター
 〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
 開設時間/10時~18時 休館日/月曜日
 TEL:0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
 E-mail:komaki.npo-c@me.ccnw.ne.jp

2016年08月11日

平成28年度協働提案事業化制度「小牧市新入職員“協働”研修 (第2回)」を行いました!

8月2日(火)、小牧市役所東庁舎5階大会議室にて、平成28年度 新規採用職員研修「小牧市新入職員向け“協働”研修」の第2回を開催しました。
この事業は、こまき市民活動ネットワークと小牧市行政経営課との協働事業として、協働提案事業化制度で採択されたもので、今回で4年目の開催となります。


h28kyodokensyu2-2.jpg h28kyodokensyu2.jpg
まず始めに、こまき市民活動ネットワークの秦野代表理事より、前回のおさらいとして、小牧市における協働の現状や市民活動団体などについてのお話がありました。


h28kyodokensyu2-3.jpg h28kyodokensyu2-4.jpg
その後、第1回の研修時に出された宿題をもとに6グループに分かれ、「市民(市民活動団体)と一緒にできることを考えてみよう」というテーマで、ディスカッションを行いました。
宿題は、あなたの周り(小牧市)で問題になっているであろうこと、その問題の中で小牧市と市民(市民活動団体)が一緒に解決できそうなこと、その解決方法を考えるというものでした。
まずは、グループ内で自分が考えた問題(課題)を発表し、その中から一つ選び、その問題(課題)に対する解決方法や市・市民活動団体の役割などについて、意見交換を行っていきました。


h28kyodokensyu2-5.jpg h28kyodokensyu2-6.jpg
付箋に意見を書き出したり、話し合いながらまとめるなど、進め方はグループによってさまざま。
また、今回は第1回の際に事例発表を行っていただいた、愛林会の鳥居会長、結いのまちづくり応援隊の大杉副代表も参加され、内容などについてアドバイスをいただきながら、話し合いの内容を深めていきました。


h28kyodokensyu2-7.jpg h28kyodokensyu2-8.jpg
ディスカッションした内容は模造紙にまとめ、すべてのグループが発表を行い、三世代の憩いの場づくりや働く親の子育てのサポート、ゴミの分別問題などの課題があげられており、実際に活動をしている団体やこんな団体があったら一緒に課題を解決できるかもしれないなど、視点や発想の素晴らしい案が多く出されました。


h28kyodokensyu2-9.jpg
各グループの発表に対して、協働推進課の大塚係長、こまき市民活動ネットワークの秦野代表理事、愛林会の鳥居会長、結いのまちづくり応援隊の大杉副代表から、こんな事例もある、こうするともっと良い事業になるなどのアドバイスをいただきました。

この研修によって、小牧市の課題について考え、市民や市民活動団体と一緒に課題解決などを行えるようになり、より良い小牧となることを願います。

2016年07月01日

平成28年度小牧市市民活動センター第1回NPO講座 つながり助け合う地域づくり講座Vol.2「ちた型0~100歳のまちづくり現場見学バスツアー」を開催しました!

 6月30日(木)、平成28年度小牧市市民活動センター第1回NPO講座つながり助け
合う地域づくり講座Vol.2「ちた型0~100歳のまちづくり現場見学バスツアー」を開催
しました。
 これは、昨年度開催した第3回NPO講座「このまちで安心して暮らし続けるための
つながり助け合う地域づくり講座」において、知多地域の先進事例を学んだことを受
け、実際に現地を視察し、わたしたちのまちでできる事やその手法について研究する
ために企画したものです。参加者は市民活動団体に所属されている方や、区長さん
など21名でした。


 当日は9時に小牧市役所を出発し、知多市市民活動センターへ。同センターでは
NPO法人地域福祉サポートちたの岡本一美代表理事によるオリエンテーションが
行われ、その後4施設を視察するバスツアーに出ました。
IMG_2479.JPG  IMG_2485.JPG
▲前回の講座のふりかえりと本日の   ▲いざ、ツアーに出発!梅雨空の下、
  見どころを話される岡本代表理事    終日雨に降られることなく移動でき
                           たのは幸運でした                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
 まず最初の見学先は、特定非営利活動法人ゆいの会が運営する「ささえあいセ
ンター」です。たすけあいサービス(配食サービスや移送サービス)・ふれあい活動
(さをり織り、陶芸、パソコン、絵手紙)などの事業を行い、住民のふれあい、支え
合いの場所となっています。「一つ屋根の下でみんなの顔が見えるように」と設計
にもこだわりがあると下村和美代表は語られました。
IMG_2512.JPG  IMG_2514.JPG
▲さをり織りを仲間と楽しむ利用者    ▲配食サービスの「ゆい膳」は地産
                           地消の厳選された食材を使い、栄
                           養バランス、カロリー計算もされた
                           お弁当


                                                                  

 続いての見学先は、知多市で高齢化率が最も高い地区にある「南粕谷小学校」と
「南粕谷ハウス」です。南粕谷コミュニティのボランティアの方からお話を伺いました。
 「南粕谷小学校」では児童が少なくなったため、空き教室を活用して地域の人が利
用できる「生涯学習ルーム」を設置し、地域コミュニティの集まりに利用されています。
また、図書室には住民からの寄贈本が多数置かれており、土日には図書室を開放
しています。
IMG_2523.JPG  IMG_2529.JPG
▲寄贈本のマンガが子どもたちに    ▲小学生とのふれあいの様子を話さ
  人気                      れる南粕谷コミュニティの石井さん
                             

 

 一方「南粕谷ハウス」は住民らが開設し自ら運営する常設型サロンで、一人でも気がね
なく利用できる交流の場を目指しているため、中心地で集まりやすく、誰でも知っている
場所での開所にこだわったそうです。
IMG_2538.JPG  IMG_2543.JPG
▲1日20~30人は訪れる「南粕谷ハ  ▲ハウス内に飾られた、活動に対する
  ウス」                      表彰状・記念品の数々


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

 最後に地域密着型福祉事業所「だいこんの花旭南」へ。1階は高齢者向けのデイサー
ビスやショートステイ、2階にはサービス付き高齢者向け住宅があり、荒木智子代表が
案内して下さいました。
IMG_2561.JPG  IMG_2552.JPG
▲施設の周りには畑があり、地域    ▲「高齢者や障がいのある方に住み
  住民とのふれあいの場所として      慣れた町で安心して生活して欲し
  利用                       い」と話される荒木代表

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  


 見学後、知多市市民活動センターへ戻り、参考になった現場や各自地域で活かすために
必要と感じたことなどを、参加者のみなさんに発表していただきました。
IMG_2568.JPG  IMG_2570.JPG 
▲各テーブルを回り助言する岡本    ▲感想を述べ合う参加者のみなさん
 代表理事


 どの現場からも出てきた言葉は「居場所づくり」。
居場所があることで「人とのつながり」ができ「助け合う心」が生まれるのではないか
と感じ、あらためて居場所づくりの大切さと、そのあり方や地域全体で取組む必要性
を学びました。

"平成28年度小牧市市民活動センター第1回NPO講座 つながり助け合う地域づくり講座Vol.2「ちた型0~100歳のまちづくり現場見学バスツアー」を開催しました!" »の続きを読む

2016年03月31日

平成27年度小牧市市民活動センター研修事業 第3回NPO講座 このまちで安心して暮らしつづけるための「つながり助け合う地域づくり講座」を開催しました

3月30日(水)、小牧市公民館4階視聴覚室にて、平成27年度小牧市市民活動センター研修事業第3回NPO講座 このまちで安心して暮らしつづけるための「つながり助け合う地域づくり講座」を開催しました。
この講座は知多地域における先進事例にまなび、私たちのまちでできる事やその手法について一緒に研究するというものです。

講師の岡本一美さん(NPO法人地域福祉サポートちた代表理事)より、これからは人口が減り後期高齢者が増えるという時代になるため、高齢者の介護、子育て等で、支えあい・助け合って取り組むことができる地域づくりが求められているとのお話があり、知多地域での独居にならないための常設の居場所づくりや子どもの集まれる場所などの事例を学びました。
H27npokouza3%20.JPG


続いて、地区別に振り分けられたテーブル内で意見交換が行われました。同じ地域だからこそ共通の話題や悩みで盛んに意見が飛び交っていました。
H27npokouza3%202.JPG


各グループで話し合った内容・気づいたことを発表しました。「0~100歳すべてを対象としているのが良いと思った」「事例と同じような常設のものに近いものを介護施設の一室を借りて行っており、そこでは障害者の方にも協力をいただいている」などの発表があり、情報共有しました。
H27npokouza3%204.JPG


まとめとして岡本さんから、夢をもてるかどうか、地区のみんなで話をして欲しい。みんなで分かち合うことが大切である。とのアドバイスがありました。

2016年03月06日

第2回NPO講座 NPO“資金”マネジメント力アップ講座 『助成金を活用して自分たちの悩みを解決しよう!』を開催しました

2月25日(木)、小牧市公民館4階視聴覚室にて、平成27年度小牧市民活動センター研修事業第2回NPO講座 NPO“資金”マネジメント力アップ講座『助成金を活用して自分たちの悩みを解決しよう!』を開催しました。
これは、昨年度大幅に改正された「小牧市市民活動助成金」の団体助成に焦点を当て、助成金を使うことで団体が抱える課題や悩みをどのように解決できるかといった視点で、助成金の活用法を学んでいただこうというものです。

まずはじめに、小牧市役所協働推進課より「小牧市市民活動助成金」について説明がありました。
IMG_1369.JPG   IMG_1368.JPG

続いて、講師の中尾さゆりさん(NPO法人ボランタリーネイバーズ理事/モリコロ基金相談員)の講義とワークに移りました。
ワークでは、団体が活動をする上でプラスまたはマイナスとなっている周りの環境や、団体の強みや弱みを書き出す作業を行い、自分たちの団体を客観的に分析する作業をしました。
IMG_1394.JPG   IMG_1390.JPG
▲テーブル内で団体の活動を紹介し合いました  ▲各テーブルを回って助言をする中尾さん

中尾さんからは、今回ワークシートに記入した内容が助成金の申請書に連動していると説明があり、また助成金を受けられた後のジリツ(自立・自律)を考えることも必要とのアドバイスがありました。

2016年03月04日

2市3町ふれあい協働フォーラム2016~さあ、“あい”に行こう!~を開催しました

2市3町(小牧市、岩倉市、大口町、豊山町、扶桑町)の行政と中間支援団体の連携により、大口町民会館ホールにおいて『2市3町ふれあい協働フォーラム2016~さあ、“あい”に行こう!~』を開催しました。

第1部では「わがまち自慢」と題し、各市町がリレー形式で“わがまち”を紹介。トップバッターの小牧市は晴留屋プロジェクトとこまき山のコラボレーションで、踊りやハーティーコーラスによるパフォーマンスと映像で小牧の魅力をPRしました。
DSC_0800_R.JPG   
▲晴留屋プロジェクトとこまき山のコラボレーション 

DSC_0825_R.JPG
▲「わがまち自慢」を終えた発表者とキャラクターがステージに勢ぞろい!

第2部は「子育て・環境」「高齢者福祉」「健康・スポーツ」「防犯・防災」「フリー(参加者同士でテーマを決める)」のテーマに分かれ、分野別交流会を開催。約250人の参加者が市町を越え活発に情報交換をしました。
IMG_5572.JPG  
▲16テーブルに分かれて交流する参加者の熱気あふれる会場

 IMG_5605.JPG
▲各グループで今日の一押しキーワードを決め発表しました

2016年02月16日

北海道八雲町「産直ホタテ販売会」を開催しました!

2月14日(日)小牧駅前にぎわい広場にて
北海道八雲町「産直ホタテ販売会」を開催しました。

この販売会は、小牧市と友好都市である北海道八雲町との交流とPRを目的に平成20年度より始めたもので、今回で8回目となります。

販売が始まる9時には、約500名が行列をつくり、
1袋約8枚入り500円のホタテ、約2,000袋が30分で完売となりました!
足元の悪い中、早朝よりお越しいただき誠にありがとうございました。

H27hotate-1.jpg H27hotate-2.jpg
当日の早朝に、八雲町から新鮮なホタテが届きました!

H27hotate-3.jpg
届いたホタテを、早速袋詰めにしました。
市内企業の住友理工(株)、三菱重工業(株)のみなさん、市民活動団体のミュージカル劇団「スパーク」、こまき歯っするテイスターズのみなさんにボランティアとして、袋詰めや販売などをお手伝いいただきました。

H27hotate-4.jpg
雨の中、会場から溢れるほど大勢の方にお越しいただきました!

H27hotate-5.jpg H27hotate-6.jpg
みなさん、新鮮なホタテのお味はいかがでしたか?
どんな調理をされましたか?

H27hotate-7.jpg
北海道物産コーナーでは、昆布、干し宗八カレイ、鮭三五八漬け、鮭ハラス、生ナメタカレイ、塩にしんを販売しました。
こちらも大好評で、あっという間に完売しました!

今回は、事前の天気予報で、雨と強風が予想されたため
温かいきしめんと有機・無農薬野菜の「にんじんCLUB」の出店は、急遽中止とさせていただきました。
楽しみにされていたみなさま、申し訳ございませんでした。


毎年ご好評をいただいております、この販売会も
ホタテの価格高騰等により、残念ながら今年が最後の開催となりました。
毎年楽しみにしてくださり、ありがとうございました。

小牧市では八雲町の宿泊施設を利用される方へ助成を行っています。
ホタテの他にも特産品がたくさん!魅力溢れる八雲町を是非訪れてみてください。

<ホームページ>
北海道八雲町
北海道八雲観光物産協会
小牧市 「北海道八雲町へ行こう!~お得な助成金のお知らせ~」
にんじんCLUB


2016年01月13日

今年がラスト!北海道八雲町「産直ホタテ販売会」を開催します!

小牧市と友好都市である北海道八雲町との交流とPRを目的に平成20年度より始めた産直ホタテ販売会も今回で8回目を迎えます。
毎年ご好評をいただいておりますが、ホタテの価格高騰等により、残念ながら今年が最後の開催になります。
この機会に、友好都市「北海道八雲町」への関心を持っていただければ幸いです。

また、昆布、鮭関連商品などの北海道物産販売も同時に行います。
他にも小牧・上街道フェスタ実行委員会による温かいきしめんの販売や、有機・無農薬野菜の「にんじんCLUB」も同時出店します♪

H27hotatetirasi.JPG

チラシ(PDF468KB)
にんじんCLUBホームページ

【日時】 平成28年2月14日(日) 午前9時~正午(雨天決行)
      ※売り切れ次第終了

【場所】 小牧駅前にぎわい広場(市営小牧駅西駐車場南)

【料金】 1袋 500円
      ※お一人さま4袋まで。
      ※価格高騰のため枚数は調整させていただきます。

【主催】 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク

【後援】 八雲町/小牧市/小牧商工会議所           

【問合せ先】 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク
          小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
          TEL:(0568)74-4011 FAX:(0568)74-4070
          E-mail:komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp
          開設時間:10時~18時 休館日:月曜日     

2015年10月22日

第36回小牧市民まつり小牧山会場『夢・チャレンジ げんき村』を開催しました!

小牧市政60周年記念事業 第36回小牧市民まつりが
10月17日(土)、18日(日)に開催されました。

小牧山会場『夢・チャレンジ げんき村』では、小牧市内で活動する市民活動団体22団体による体験ブースや、日進市の市民活動団体「母親支援Re:Birth」による「水鉄砲アートに挑戦!」など、親子で楽しめる体験を行いました。

また、今年はパフォーマンスエリアの他にステージを設け、「げんき村子ども相撲」や、アコースティックライブなどを行い、大勢の人でにぎわいました。

【パフォーマンスエリア】

H27sumou-2.jpg H27sumou-1.jpg

H27sumou-3.jpg H27sumou-4.jpg
☆「げんき村」子ども相撲 協力:三ッ山子ども相撲、(一社)小牧青年会議所☆ 
地域文化の伝承を行っている市民活動団体「三ッ山子ども相撲」とコラボレーション!
小牧市の新キャラクター「こまき山」にちなんだ相撲大会を開催しました。
2日間で30名以上の子どもが参加し、白熱した戦いが繰り広げられ、会場は大いに盛り上がりました。
また、17日(土)には「こまき山」と「きっちゃん」が来場し、子どもたちと楽しくふれあいました。

H27sinfujin-1.jpg H27sinfujin-2.jpg
☆新日本婦人の会 小牧支部☆ ダンボール汽車、ふろしきバルーン


【ステージ】

H27otonowa-1.jpg H27otonowa-2.jpg

H27otonowa-3.jpg H27otonowa-4.jpg
☆音の輪会presents アコースティックライブ☆
音楽を通じたまちづくりを目的に、一宮市を中心に活動する市民活動団体「音の輪会」によるライブを行いました。オリジナルソングの他に、懐かしい曲のカバーや来場した子どもたちと一緒に歌ったり踊ったりできる曲など、幅広い世代が楽しめるライブとなりました。

H27love-1.jpg
☆菊川ご当地アイドル ラブ・メロディー☆ 歌とダンス ※17日(土)のみ

nobu-3.jpg H27nobu-2.jpg
☆小牧自然歴史の会☆ 白玉星草おどり等

H27fukiya-1.jpg H27fukiya-2.jpg
☆日本スポーツ吹矢協会 小牧フレッシュ支部☆ スポーツ吹矢実演


【市民活動団体による体験ブース】

H27teppo-1.jpg
☆母親支援Re:Birth☆ 水鉄砲アートに挑戦!
日進市で母親支援を軸に子どもの感性を養うアート教室、祖父母向けの現代の子育て教室などを運営している「母親支援Re:Birth」によるワークショップです。
水鉄砲に色とりどりの絵具をこめて、白いTシャツやエコバッグに思い思いの絵を描くもので、参加した子どもたちの楽しそうな笑顔が印象的でした。

H27-1.jpg
☆全建愛知 小牧支部☆ 子供用イス・壁飾り作り体験

H27-2.jpg
☆小牧ケアサービス まごころ☆ グランドゴルフ

H27-3.jpg
☆小牧市山野草の会☆ こけ玉作り体験

H27-4.jpg
☆紙芝居どんぐり☆ 紙芝居・ペープサート・手遊びゲーム

H27-5.jpg
☆日本スポーツ吹矢協会 小牧フレッシュ支部☆ スポーツ吹矢体験

H27-6.jpg
☆コープあいち小牧地域委員会☆ 手作りゲーム

H27-7.jpg
☆米野・スパローズSC☆ スポーツ輪投げ・マグダーツ体験

H27-8.jpg
☆一色コスモスサポート学習の会☆ ペーパークイリング小物作り体験

H27-9.jpg
☆野遊び塾 リトル・トリー☆ ウッドバーニング・小枝工作体験

H27-10.jpg
☆愛林会☆ 竹コマ作り体験・竹細工販売

H27-11.jpg
☆にこにこプロジェクト☆ フェイスペイント

H27-12.jpg
☆手作り工房☆ 親子で楽しめる体験

H27-13.jpg
☆小牧災害ボランティアネットの会☆ 防災紙芝居・ロープワーク・スリッパ作り

H27-14.jpg
☆小牧防災リーダー会☆ 防災クイズ・防災グッズ展示

H27-15.jpg
☆生涯学習ボランティア・こまき☆ マジックスクリーン作り・プラパン工作

H27-16.jpg
☆兒の森活動グループ☆ 丸太切り・檜の皮むき・しおり作り

H27-17.jpg
☆竹と炭工房(小牧竹とんぼの会)☆ スーパー竹とんぼ体験工房

H27-18.jpg
☆小牧自然歴史の会☆ ホタル・ツノプラナリアの観察

H27-19.jpg
☆つみきの会☆ プラパン工作

H27-20.jpg
☆フリーマーケットサークル・ガレージアヒル☆ ヨーヨー・アクセサリー作り&体験

H27-21.jpg
☆新日本婦人の会 小牧支部☆ わた菓子・アロマスプレー作り

H27-22.jpg
☆愛知県ハンガリー友好協会☆ ハンガリーのぬり絵・絵本・立体パズル

H27fuwafuwa.jpg
☆ふわふわランド 協力:愛知県労働者福祉協議会尾張北支部☆

H27stamp-1.jpg
☆スタンプラリー 協力:小牧市子ども会連絡協議会☆

2015年10月14日

第36回小牧市民まつり 小牧山会場『夢・チャレンジげんき村』開催のお知らせ

今年も小牧山会場に、市民活動団体が大集合!!
体験ブースやパフォーマンス、スタンプラリーなど
おもしろい体験がもりだくさん!
みんなのチャレンジまってるよ♪

是非ご家族、お友達とおでかけください。

27genkimuratirasi%20omote%20%282%29.jpg27genkimuratirasi%20ura.jpg

げんき村チラシ表(PDF757KB)
げんき村チラシ裏(PDF449KB)


【日時】 平成27年10月17日(土)10:00~16:00
               18日(日)10:00~16:00
※雨天決行(荒天中止)

【会場】  小牧山史跡公園

【内容】  小牧市内で活動する市民活動団体22団体が、“夢・チャレンジ”をテーマに
      親子で楽しめる体験ブースを出展します。
      また「三ツ山子ども相撲」とコラボレーションし、小牧市の新キャラクターである
      「こまき山」にちなんだ相撲大会を開催。
      ステージでは、一宮市を中心に、音楽を通じたまちづくりを目的に活動する
      市民活動団体『音の輪会』によるアコースティックライブや、菊川市のご当地
      アイドル『ラブメロディー』によるパフォーマンスを開催します。


【問合せ先】 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク
         〒485-0041 小牧市小牧2丁目107番地 小牧市公民館4F
         開設時間:10時~18時 休館日:月曜日
         TEL:0568-74-4011 FAX:0568-74-4070

2015年06月26日

CKD『モノづくり』から学ぶ理科教室 参加者募集!

CKD株式会社×子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)×こまき市民活動ネットワーク協働事業
『モノづくり』から学ぶ理科教室 参加者募集!

風車づくりを通して空気の力を体験するなど、モノづくりの現場でJAXA宇宙教育アドバイザーから空気の性質を学びます。

H27irasuto1.JPG

【日時】 平成27年8月20日(木)
      9:00~12:00 (受付は8:30~)

【場所】 CKD(株)本社工場(小牧市応時2丁目250番地)

【内容】 ・ストロー風車・スポイトロケットをつくって空気の力を学ぼう!
      ・ストローロケットを飛ばして遊ぼう!
      ・CKD製品展示室・組立て現場の見学

【講師】
     H27irasuto2.JPG
      遠藤 純夫氏
      JAXA宇宙教育センター参事
      JAXA宇宙教育センターアドバイザー
      認定NPO法人 子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)理事
     全国中学校理科教育研究会顧問

【対象】 小学3年生~6年生 ※保護者同伴

【定員】 40名 
      ※申込み多数の場合は抽選となり、8月4日(火)までに結果を通知します。

【参加費】 無料

【持ち物】 筆記用具・学校の帽子(工場見学の際に使用)

【応募方法】 申込用紙に必要事項を記入の上、郵送、FAX、メール、
         電話または直接こまき市民活動ネットワーク事務局まで。

ダウンロード:チラシ表面(PDF295KB)
         チラシ裏面(PDF303KB)
         申込書(Word43KB)

【申込締切】 平成27年7月21日(火)

【申込み・問合せ先】
特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク
  〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
    開設時間/10時~18時 休館日/月曜日
    TEL :0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
     E-mail:komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp

2015年02月17日

「八雲町ホタテ産直販売会」を開催しました!

2月15日(日)小牧駅前にぎわい広場にて
「八雲町ホタテ産直販売会」を開催しました!

この販売会は、小牧市と友好都市である北海道八雲町のPRと交流を目的とし、平成20年より始めたもので、今回で7回目の開催となります。
あいにくの雨にも関わらず、早朝より大勢の方にお越しいただきました。

H26hotate-2.jpg H26hotate-1.jpg
販売会当日の朝6時頃、八雲町より新鮮なホタテが届き、ボランティアスタッフにより1袋8枚づつ袋詰めを行いました。

H26hotate-3.jpg
午前9時から販売を開始し、約20分で完売となりました!
数量に限りがあり、ご購入いただけなかった皆様、申し訳ございませんでした。

H26hotate-4.jpg H26hotate-5.jpg
味わいコーナーでは、落部(おとしべ)漁業協同組合女性部の皆さまが「おいしいホタテを食べていただきたい!」と、味噌汁やシューマイなどを振る舞ってくださいました。

H26hotate-6.jpg
ホタテの他にも、北海道産の昆布や鮭などの販売を行い、こちらも大勢の方でにぎわいました。

H26hotate-7.jpg
その他にも同会場では、上街道フェスタ実行委員会によるきしめんの販売と、有機・無農薬野菜の「にんじんCLUB」による新鮮野菜やアツアツの焼き芋などを販売しました。

早朝より大勢の方にお越しいただき、ありがとうございました。

<ホームページ>
・落部漁業協同組合 http://otoshibe-gyokyou.com/
・にんじんCLUB https://www.ninjinclub.co.jp/

2015年01月13日

北海道八雲町ホタテ産直販売会を開催します!

毎年大好評!
小牧市の友好都市「北海道八雲町」のホタテ販売会を開催します。
昆布、鮭関連商品などの北海道物産販売も同時開催します。

%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%83%A3.JPG


小牧・上街道フェスタ実行委員会による温かいきしめんの販売もあります♪
有機・無農薬野菜の「にんじんCLUB」も同時出店!!

・ダウンロード チラシ(PDF420KB)
・『にんじんCLUB』ホームページ http://www.ninjinclub.co.jp/


【日時】 平成27年2月15日(日) 午前9時~正午(雨天決行)※売り切れ次第終了

【場所】 小牧駅前にぎわい広場(市営小牧駅西駐車場南)

【料金】 1袋8枚程度 500円
      ※お一人さま6袋まで。
      ※成育状況により枚数に変動があります。

【主催】 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク

【後援】 八雲町/小牧市/小牧商工会議所/(一社)小牧青年会議所

【問合せ先】 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク
          小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
          TEL:(0568)74-4011 FAX:(0568)74-4070
          E-mail:komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp
          開設時間:10時~18時 休館日:月曜日     

2014年11月06日

第35回小牧市民まつり「きっちゃんの夢・チャレンジげんき村」を開催しました!

10月18日(土)・19日(日)に小牧市民まつりが開催されました。

小牧山会場「きっちゃんの夢・チャレンジ げんき村」では、
市民活動団体による体験ブースやパフォーマンスなどを行いました。

両日とも晴天に恵まれ、多くの方にご来場いただき、盛況のうちに終わりました。

%E5%87%BA%E5%85%A5%E5%8F%A3.jpg
会場の出入り口にバルーンアーチを設置し、
来場された方をお迎えしました。


【パフォーマンス】

%E3%83%81%E3%82%A2%EF%BC%91.jpg %E3%83%81%E3%82%A2%EF%BC%92.jpg
★チアダンスパフォーマンス・体験★
 ベビーリーフとゆかいな仲間たち
 来場した子どもたちも一緒に、チアリーディングで使われるポンポンを持って踊りました。


%E3%83%A8%E3%82%AC%EF%BC%91.jpg %E3%83%A8%E3%82%AC%EF%BC%92.jpg
★城ヨガ体験★
 KYOKO
 小牧城を背に、子どもも大人もみんなでヨガを体験し、自然の中でリラックスしました。


%E3%81%B5%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%8D.jpg
★新日本婦人の会 小牧支部 ふろしきバルーン★


%E6%98%9F%E8%8D%89%E8%B8%8A%E3%82%8A.jpg
★小牧自然歴史の会 白玉星草おどり★


%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%83%AD.jpg
★小牧ヨーヨー練習会 ディアボロパフォーマンス★


%E5%90%B9%E7%9F%A2.jpg
★日本スポーツ吹き矢協会 春日井・鷹来支部小牧教室 スポーツ吹き矢★


【市民活動団体ブース】

%E5%85%92%E3%81%AE%E6%A3%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97.jpg
☆兒の森活動グループ☆
 丸太切り・しおり作り


%E7%AB%B9%E3%81%A8%E7%82%AD.jpg
☆竹と炭工房(小牧竹とんぼの会)☆
 スーパー竹とんぼ体験工房


%E7%94%9F%E6%B6%AF%E5%AD%A6%E7%BF%92.jpg
☆生涯学習ボランティア・こまき☆
 マジックスクリーン作り・プラパン工作


%E6%96%B0%E5%A9%A6%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BC%9A.jpg
☆新日本婦人の会 小牧支部☆
 わた菓子・アロマスプレー作り


%E7%B1%B3%E9%87%8E%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA.jpg
☆米野・スパローズSC☆
 スポーツ輪投げ・マグダーツ体験


%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%92%E3%83%AB.jpg
☆フリーマーケットサークル・ガレージアヒル☆
 ヨーヨー・アクセサリー作り&体験


%E3%81%A4%E3%81%BF%E3%81%8D%E3%81%AE%E4%BC%9A.jpg
☆つみきの会☆
 プラパン工作


%E6%84%9B%E6%9E%97%E4%BC%9A.jpg
☆愛林会☆
 竹コマ作り体験・竹細工販売


%E9%87%8E%E9%81%8A%E3%81%B3%E5%A1%BE.jpg
☆野遊び塾 リトル・トリー☆
 ウッドバーニング・小枝工作体験


%E4%B8%80%E8%89%B2%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B92.jpg
☆一色コスモスサポート学習の会☆
 クイリング小物作り体験


%E6%89%8B%E4%BD%9C%E3%82%8A%E5%B7%A5%E6%88%BF.jpg
☆手作り工房☆
 親子で楽しめる体験


%E9%9D%92%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%AE%B6.jpg
☆青年の家サポーターズ☆
 手作りゲーム


%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%90%E3%82%8A.jpg
☆紙芝居どんぐり☆
 紙芝居・手遊びゲーム


%E3%81%AB%E3%81%93%E3%81%AB%E3%81%93.jpg
☆にこにこプロジェクト☆
 フェイスペイント


%E3%81%BE%E3%81%94%E3%81%93%E3%82%8D.jpg
☆小牧ケアサービス まごころ☆
 グランドゴルフ


%E5%85%A8%E5%BB%BA%E6%84%9B%E7%9F%A5.jpg
☆全建愛知 小牧支部☆
 子供用イス・壁飾り・はし作り体験


%E9%98%B2%E7%81%BD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E4%BC%9A.jpg
☆小牧防災リーダー会☆
 防災クイズ・防災グッズ展示


%E7%81%BD%E5%AE%B3%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2.jpg
☆小牧災害ボランティアネットの会☆
 防災紙芝居・ロープワーク・スリッパ作り


%E8%87%AA%E7%84%B6%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E4%BC%9A.jpg
☆小牧自然歴史の会☆
 ホタル・ツノプラナリアの観察


%E5%B1%B1%E9%87%8E%E8%8D%89.jpg
☆小牧市山野草の会☆
 こけ玉作り体験


%E5%90%B9%E7%9F%A2%28%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B9%29.jpg
☆日本スポーツ吹き矢協会 春日井・鷹来支部 小牧教室☆
 スポーツ吹き矢体験


%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A1.jpg
☆コープあいち小牧地域委員会☆
 さかな&やさい釣りゲーム


2014年10月28日

平成26年度 住友理工「夢・街・人づくり助成金in北尾張」交付団体が決定しました!

平成26年度 住友理工「夢・街・人づくり助成金in北尾張」の第2次公開審査会を10月25日(土)に住友理工㈱本社にて開催し、厳正なる審査の結果、7団体に交付が決定しました。

26sumitomo.jpg
久岡審査委員長(住友理工㈱常務執行役員)より開会のあいさつ

26sumitomo2.jpg
7名で構成される審査委員会
<審査委員>(敬省略)
審査委員長 久岡洋一(住友理工㈱常務執行役員)
審査副委員長 松浦裕計((特)こまき市民活動ネットワーク 副代表理事)
審査委員 田中睦(住友理工㈱小牧製作所長)
審査委員 山田純一(住友理工㈱人事総務部長)
審査委員 津田秀和(愛知学院大学経営学部 教授)
審査委員 岩岡ひとみ((特)全国福祉理美容師養成協会 事務局長)
審査委員 松田敏弘((特)こまき市民活動ネットワーク 前代表理事)


各団体のプレゼンテーションの様子
【夢づくりスタート部門】

26sumitomo3.jpg
◇春日井ビオトープの会◇

26sumitomo4.jpg
◇特定非営利活動法人 こまきe-コミュニティーネットワーク◇

【街・人づくり部門】

26sumitomo5.jpg
◇南部地区ボランティア連絡会◇

26sumitomo6.jpg
◇岩倉生涯学習「市民の会」◇

26sumitomo7.jpg
◇扶桑セイロン瓜プロジェクト◇

26sumitomo8.jpg
◇篠岡里山竹の会◇

26sumitomo9.jpg
◇あいち かすがいっこ◇


【助成決定団体】
◇夢づくりスタート部門(5万円)
 1.春日井ビオトープの会
  事業名:「ホタルが飛び交う里山づくり」事業
 2.特定非営利活動法人 こまきe-コミュニティーネットワーク
  事業名:「親子で学ぼうインターネット安全教室」事業

◇街・人づくり部門(10万円)
 1.南部地区ボランティア連絡会
  事業名:「地域ぐるみまちかどあいさつ運動」事業
 2.扶桑セイロン瓜プロジェクト
  事業名:「セイロン瓜で町おこし『環境・ギネスに挑戦』」事業
 3.あいち かすがいっこ
   事業名:「子育て支援者養成講座」事業

◇街・人づくり部門(5万円)
  1.岩倉生涯学習「市民の会」
   事業名:「映画『逃げ遅れる人々 3.11障害を持つ人々に何がおこったか』
         鑑賞と地域防災の在り方をみつめる」事業
  2.篠岡里山竹の会
   事業名:「子供たちと共に行う里山の保全・整備」事業


26sumitomo10.jpg
交付決定団体に、久岡審査委員長より認定証が授与されました。

26sumitomo13.jpg
松浦審査副委員長より講評をいただきました。

26sumitomo11.jpg
山田審査委員(住友理工㈱人事総務部長)より閉会のあいさつ

26sumitomo12.jpg
今後は、交付決定団体が申請事業をそれぞれ実行していきます。

2014年10月16日

平成26年度「まちを育む 市民と行政の協働交流会」を開催しました!

10月8日(水)午後6時30分から、小牧市役所本庁舎601会議室にて、「まちを育む 市民と行政の協働交流会」を開催しました。

この交流会は、“協働パートナー”である市民活動団体と行政各課とがお互いを良く知り、気軽に交流が行えるような顔の見える関係を作ることを目的とし、本年度で2回目の開催となります。

26kyoudou.JPG  26kyoudou2.JPG
初めに、こまき市民活動ネットワーク 秦野代表より小牧市の協働の現状についてお話をさせていただきました。

26kyoudou4.JPG  26kyoudou3.JPG

26kyoudou5.JPG  26kyoudou6.JPG
交流会では、「防犯・防災」、「保健・福祉」、「まちづくり」など6グループに分かれ自己紹介を行い、その後、小牧の将来と自分にできることや協働などについてディスカッションを行いました。
初対面ということもあり、初めはお互いに緊張した様子でしたが、自己紹介が終わる頃には緊張もほぐれ、笑顔も見られるようになり、ディスカッションでは様々な意見が交わされました。

26kyoudou7.JPG
また、今回も事務局スタッフによる動物の顔を彫った“ケシゴムハンコ”を使用。
会話のきっかけになればと、自分に見立てた動物を選んでもらい、名札と自己紹介シートにハンコを押しました。

この交流会を通じて、市民活動団体と行政の交流が深まり、“協働のまちづくり”に繋ればと思います。

2014年09月30日

第35回小牧市民まつり 小牧山会場『きっちゃんの夢・チャレンジげんき村』開催のお知らせ

今年も小牧山会場に、市民活動団体が大集合!!
体験ブースやパフォーマンス、スタンプラリーなど
おもしろい体験がもりだくさん!
みんなのチャレンジまってるよ♪

是非ご家族、お友達とおでかけください。

H26genkimura-1.JPGH26genkimura-2.JPG

げんき村チラシ表(PDF384KB)
げんき村チラシ裏(PDF220KB)

【日時】 平成26年10月18日(土)9:30~16:00
               19日(日)10:00~16:00
      ※雨天決行(荒天中止)

【会場】 小牧山史跡公園

【内容】  小牧市内で活動する市民活動団体22団体が、“夢・チャレンジ”をテーマに
      親子で楽しめる体験ブースを出展します。
      また、『ベビーリーフとゆかいな仲間たち』によるチアダンスパ フォーマンス
      と体験の他、市民活動団体によるパフォーマンスを行います。
      スタンプラリーでは、「げんき村」会場内に設置した9個のスタンプを集めると、
      1つの絵ができあがります!何の絵ができあがるかチャレンジしてね♪

【問合せ先】 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク
         〒485-0041 小牧市小牧2丁目107番地 小牧市公民館4F
         開設時間:10時~18時 休館日:月曜日
         TEL:0568-74-4011 FAX:0568-74-4070

2014年05月13日

こまき「リコピン学校」開校式を開催しました!

カゴメ(株)小牧工場との協働事業
カゴメ小牧工場 こども応援プロジェクト
こまき「リコピン学校」
~みんなで育て、おいしいを食べよう!~

5月10日(土)小牧市池之内地内で開校式を開催し、15家族40名が参加しました。

リコピンとは・・・トマトの鮮やかな「赤い色素」で、抗酸化作用が強く
          元気な体をつくり、美白・美肌にも効果が期待されています。

rikopinn-1.jpg

フーデニング(フード+ガーデニング)を通して、食への関心を高め、食への感謝の気持ちを養い、育てる面白さや収穫する喜びを体感します。

rikopinn-2.jpg
カゴメのマスコットキャラクター「ケチャップくん」から、入校証が手渡されました。

rikopinn-3.jpg rikopinn-4.jpg
カゴメの栽培指導員の指導のもと、カゴメのトマトの苗「凜々子(りりこ)」を全員で植え付けました。
「凜々子(りりこ)」は、カゴメが開発したジュース用の加工用トマトです。

rikopinn-5.jpg
最後に全員で記念撮影を行いました。

8月の収穫祭に向けて、今後は、芽かきや追肥などの農作業を予定しています。


2014年04月24日

平成26年通常総会 開催のお知らせ

特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク会員の皆様へお知らせです。

下記日程の通り、平成26年通常総会を開催いたします。
ご多忙のところ恐縮でございますが、是非、ご出席賜りますようお願い申し上げます。

【日時】 平成26年5月17日(土) 午後2時~3時30分
【場所】 中部公民館 大会議室
【内容】 1)総会(午後2時~)

【お願い】
 ご出欠のご都合は5月9日(金)までに、ご案内に同封いたしました返信はがきでご返事頂きますようお願いいたします。
  


【問い合わせ先】
 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク    
  TEL:0568-74-4011 FAX:0568-74-4070
  E-mail:komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp

2014年04月15日

講演会「不揃いの木を組む」参加者募集のお知らせ

宮大工の棟梁である小川三夫氏を講師にお迎えし、生い立ちも性格も違う若者と
寝食をともにして弟子を育ててこられた経緯から、人の育て方とはかくあるべしとの
ユニークな”人の育て方哲学”をお話いただきます。

fuzoroinokiwokumutirashi.JPG


【日 時】 平成26年5月16日(金) 18:00 ~ 19:30 (開場17:30)
【会  場】 小牧市中部公民館4階大会議室 (小牧市小牧5丁目253) 
【定  員】 200名 (申込先着順)      
【参加費】 1,000円 / 大人1名 
※収益費の一部を市民活動の支援に活用させて いただきます。
【講 師】 鵤(いかるが)工舎 舎主 小川三夫氏

主催 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク 
協賛 認定NPO法人KU-MA(子ども・宇宙・未来の会)
後援 小牧市教育委員会 / 小牧商工会議所


【申込方法】 5月8日(木)までに、申込用紙に必要事項をご記入のうえ、
電話・FAX・メール・郵送または直接市民活動センターへご持参ください。

チラシ表(PDF208 KB)

チラシ裏(PDF75 KB)

申込書(Word42KB)

【申込み・問合せ先】
特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク
  〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
      開設時間/10時~18時 休館日/月曜日
      TEL :0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
      E-mail:komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp


2014年03月27日

こまき「リコピン学校」参加者募集のお知らせ

カゴメ小牧工場 こども応援プロジェクト
こまき「リコピン学校」
~みんなで育て、おいしいを食べよう!~
参加者募集のお知らせ

rikopin-2.JPG

おいしいを食べたい子、集まれ!!

カゴメのトマト『凜々子(りりこ)』で
フーデニング(フード+ガーデニング)を始めよう!
畝作り・施肥・苗の植え付け・水やり・追肥・収穫まで
一連の農作業を体験します。

食への関心を高め、食への感謝の気持ちを養い
育てる面白さや収穫する喜びを体感します。

栽培の指導は、カゴメの栽培指導員とボランティア指導員が行います。

【開講期間】 平成26年4月~8月
【場   所】 小牧市大字池之内字赤堀地区
【講座内容】
  rikopin-4.JPG
    
         ・1区画(約20㎡/区画)4~5名のグループでトマトを栽培します。
         ・上記スケジュール以外の共同作業(水やり・草抜き等)はグループで
          相談して実施します。
         ※日程、内容等は、天候や生育状況により変更になる場合がございます。
【募集対象】 小学生親子(保護者同伴)
         ※上記スケジュールの講座予定日および共同作業に概ね参加できる子。
【募集定員】 20組程度
         ※応募者多数の場合は抽選となります。
【参 加 料】 2,000円/子ども1名(肥料代、農業用消耗資材など)
         ※カゴメからのおみやげ付
【申込方法】 参加申込書に必要事項をご記入のうえ、電話・FAX・メールまたは
         直接(特)こまき市民活動ネットワークへ。

チラシ表(PDF328KB)
チラシ裏(PDF160KB)
申込書(Word32KB)

【申込締切】 平成26年4月15日(火)
        
【申込み・問合せ先】
特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク
  〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
      開設時間/10時~18時 休館日/月曜日
      TEL :0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
      E-mail:komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp ""

2014年03月14日

市民活動センターが『こまき協働のまちづくり講座』を開講しました!!

2014年3月13日(木)19時から21時まで、 市公民館4階視聴覚室において、平成25年度協働啓発事業『こまき協働のまちづくり講座』を開講しました。

まずはじめに、こまき市民活動ネットワークの松田代表より挨拶があり、その後講師の三島知斗世さん(NPO法人ボランタリーネイバーズ理事)による講義に移りました。

三島さんからは、市民活動団体が行政と協働するにあたってどのような心構えが必要かについて講義があり、続いて協働推進課の職員より、協働提案事業化制度の概要と流れについて説明がありました。

 


今回の講座には「小牧防災リーダー会」と「一色コスモスサポート学習の会」の2団体が参加され、それぞれの設立経緯や目的、また現在の活動状況について発表していただきました。

その後、そうした状況を踏まえ、今後どのようにして協働に取り組んでいくのか、課題解決や事業の展開について参加者全員で意見を出しあい方向性を探りました。

最後には、三島さんより公益性・協働性・相乗効果といった、協働事業を組み立てる上での留意点についてアドバイスをいただきました。


 

  

2014年03月13日

NPO・ボランティアのための資金マネジメント力アップ講座&相談会「知っておきたい!助成金申請の“イロハ”」を開催しました!!


時 間 :午前 10 時~11 時 40 分
場 所 :まなび創造館 研修室1

まずはじめに事務局スタッフが、助成金の種類やメリットデメリット、また申請時の注意点などを、助成金交付を受けた団体の活動事例や、身近にある助成金を例に挙げて説明しました。

 

続いて「小牧市市民活動助成金交付制度」「TRI夢・街・人づくり助成金 in 北尾張」「事業指定プログラム ミエルカ2013」の3つの助成金について、それぞれ担当者からその特徴や傾向などについて説明がありました。

 

 

自分達の活動に合った助成金選びや活用方法、また申請の仕方や審査のプレゼンテーション手法など、参加者の方たちは真剣に耳を傾けていました。


時 間 :午前 1 時~ 4 時
場 所 :まなび創造館 学習室
【相談アドバイザー】ボランタリーネイバーズ 理事・相談事業部長 中尾さゆり 氏


続いて午後の部では、助成金に関する個別相談会を行い、それぞれの相談内容を抱えて4団体が参加しました。
 


相談対応時間は1団体につき30分という短い時間でしたが、各団体は活動費や事業費の資金調達の方法について相談し、中には午前中の講座の内容を受けて新たに質問や課題が浮き彫りになった団体もいらっしゃいました。相談アドバイザーは各団体の活動内容を踏まえて、助成金申請に関する問いかけに丁寧に回答していきました。


 

2014年02月28日

平成25年度第2回NPO講座「気軽に出かけよう!はじめてのボランティア・市民活動体験講座Vol.2」を開催しました!

2月10日(月)~23日(日)、団体の活動日に合わせ、
第2回NPO講座「気軽に出かけよう!はじめてのボランティア・市民活動体験講座Vol.2」を開催しました。

【ボランティア「まどか」】
 日 時:2月10日(月)10時から15時
 場 所:ふれあいセンター2階和室
 参加者:3名

 ボランティア「まどか」は、毎月第2、3、4月曜日にふれあいセンターにて、高齢者や認知症の方およびその家族とのふれあい交流を行っている団体です。
 午前中は団体の活動に参加し、午後からは「認知症理解と対応の仕方」の講義を受けました。

H25madoka2.jpg H25madoka3.jpg
 参加者は、「ボランティアに興味があった。」「家族や身近な人が認知症になった時の対処方法を勉強したい。」という理由から参加を希望されました。
 みんなでラジオ体操をして体をほぐしてから、懐かしい歌を歌いました。とても楽しそうに歌い、振付をしている姿が印象的でした。

H25madoka4.jpg H25madoka5.jpg
「利用者さんも自分たちもとにかく楽しむことが一番」と代表の杉浦さん。和やかな雰囲気の中、一緒につばきの折り紙を折りました。

H25madoka6.jpg H25madoka1.jpg
 会のメンバーは、女性ばかりで介護の経験がある方がほとんどです。午後からは、介護の仕方や介護者の心理状態について、体験談を交えた講義を受けました。


【小牧歴史ガイドボランティア たぶの木会】
 日 時:2月19日(水)10時から12時
 場 所:小牧市歴史館、小牧山
 参加者:予定していた参加者が急遽欠席された為、事務局スタッフが参加しました。

 小牧歴史ガイドボランティア たぶの木会の活動は、小牧の歴史について知見を深め、その成果を市民(多くの人々)に広めることで、活動場所は主に小牧市歴史館や小牧山などで行っています。
 今回は参加予定の方が急遽欠席された為、事務局スタッフが活動を体験させていただきました。
 ガイドをしてくださったのは「たぶの木会」の尾山さん。さっそく市役所本庁舎の向い側の正面口から山頂の資料館を目指しました。ふもとからゆっくりと歩きながら、小牧城の由来を戦国時代からさかのぼって説明していただきます。

 

 小牧城の石垣の特徴や造作の歴史なども、詳しく解説していただきました。小牧の歴史をひも解いていく楽しさもあり、特に戦国時代から江戸時代にかけての歴史に興味がある方にはうってつけの活動なのではないでしょうか。

 小牧山の歴史には、信長や秀吉、家康の名前も出てきます。ガイドができるようになるには何度か同行して勉強する必要がありそうですが、小牧に住んでいるからには知っておきたいことばかりだと感じました。

 ちょうど今、新聞の地域面もにぎわせている小牧山の発掘作業風景も遠くから見ることができました。近々歴史的発見があるかもしれません。
 最後に資料館の前で、尾山さんと事務局スタッフとで記念撮影。本日はどうもありがとうございました。


【愛林会】
 日 時:2月22日(土)9時から11時30分
 場 所:大草城跡(小牧市大草地区内)
 参加者:1名

 愛林会は、毎週土曜に地域の森づくりや環境整備を楽しみながら行い、さらに会員相互の交流と親睦を図っていくとともに、地域交流事業にも積極的に参加している団体です。
 今回は小牧市大草地区の大草城跡地にて、落ち葉掻き作業の活動に参加しました。

 

 この作業は年に一度行われる、松などの針葉樹の落ち葉回収作業です。まずは、なぜ落ち葉を回収しなくてはならないのか、というところから本日の作業手順を説明していただきました。


 

 特に写真のように整備されている里山などでは、落ち葉が積もることによって土が肥えすぎてしまうのを防ぐため、というのが主な理由で、土が肥えれば雑草が生い茂り、そうなると整備がさらに大変になってしまうからだそうです。
 今回の受講生も、こういった活動内容に興味を持たれて参加されました。

 整備された里山があるというのは、地域住民の方々にとっても住みやすい町になります。
 この大草城跡地は小高い丘になっていて、奥には社(やしろ)や竹藪があり散策路にもなっています。ここが地域の人たちの散歩コースや、子どもたちの遊び場になってもらえればと、作業を終えた「愛林会」の方々は笑顔でおっしゃっていました。


【㈵尾張すずなり会】
 日 時:2月23日(日)9時30分から12時
 場 所:うなぎ谷すずなりの森(小牧市大山地区内)
 参加者:4名

 ㈵尾張すずなり会は、里山再生活動(枯木・風倒木の伐採、下草刈り、竹林の整備)や、里地再生活動(放置された里地の農地・果樹園の復活作業)、里山塾活動(草刈機、チェンソーの技能講習、植物関連講座、子供健全育成講座等)など、里山での環境保全活動を幅広く行っている団体です。

  

 今回、受講生のみなさんには「冬の里山散策会~椎茸・ひらたけの菌打ち体験~」のイベントにスタッフとして参加いただきました。椎茸やひらたけの菌打ち体験に来場されたお客さんのお手伝いをする作業です。ご年配の方からお子さんを連れた若いご家族まで、合計15組24名のお客さんが参加していらっしゃいました。

 菌打ちした椎茸やひらたけが、どのようにして成長するのか、またどうすればうまく育つのかも学びました。
 受講生のみなさんは自然と触れ合うことに興味を持たれている方が多く、とても勉強になったという声が多くありました。

 この里山は、少し奥まで歩けば大鷹の巣もある自然豊かな場所だそうです。㈵尾張すずなり会の活動は、この菌打ち体験の他に山菜採りなどのイベントも行っていて、いつも多くのお客さんで賑わっているそうです。

【おはなしの森】
 日 時:2月23日(日)14時30分から15時
 場 所:図書館本館2階おなはしの部屋
 参加者:2名

 おはなしの森は、第1日曜日を除く土・日曜日14時30分から15時に小牧市立図書館にて絵本の読み聞かせを行っている団体です。また県立小牧養護学校での読み聞かせや、その他要望に応じても出向いて読み聞かせを行っています。

 14時20分頃、図書館内にて読み聞かせのアナウンスが流れると、それを聞いて子どもたちが集まってきました。
 今日は3名の小さなお客さんです。読み聞かせで大切なのは、感情を込めすぎず、穏やかではっきりとした口調で語ることだとか。
 物語に入り込んだお子さんたちは、食い入るような表情で絵本を見ていました。

 読み聞かせは約30分間の短い時間ですが、その間に2~3冊の物語が楽しめます。今回ボランティアに参加された方も、持参した絵本で読み聞かせに挑戦しました。

 お子さんの様子を見ながら、手遊びなども交えていました。お子さんたちの年齢層によって選ぶ本を考えたりと、子ども好きな方にとっては楽しく活動できるのではないでしょうか。読み聞かせが終わった後のお子さんたちの笑顔も印象的でした。
 おはなしの森のみなさん、どうもありがとうございました。

2014年02月27日

平成25年度 小牧市市民活動センター協働啓発事業『こまき協働のまちづくり講座』参加者募集のお知らせ

小牧市市民活動センターでは、協働啓発事業 『こまき協働のまちづくり講座』の参加者を募集しています。


この講座では、協働提案事業化制度の概要や流れを知るとともに、申請するためのポイントなどを学びます。
また、みなさんの疑問などに経験豊富な講師が直接アドバイスするコーナーもあります。協働のコツやポイントを知って、みなさんのスキルやアイデアをまちづくりに繋げてみませんか?

【日時】 平成26年3月13日(木) 19:00 ~ 21:00
【会 場】 小牧市公民館 4階 視聴覚室
【定 員】 30名 (申込先着順)      
【参加費】 無料
【講師】 三島知斗世 氏   NPO 法人ボランタリーネイバーズ理事・調査研究部長

【内 容】
1) 協働のコツを知ろう
2) 協働提案事業化制度の概要と流れを知ろう
3) 申請するためのポイントを知ろう
4) 質問コーナー 


主催 小牧市・特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク  


【申込方法】 3月6日(木)までに、申込用紙に必要事項をご記入のうえ、電話・FAX・メールまたは直接市民活動センターへご持参ください。

 チラシ表(PDF285 KB)

 チラシ裏(PDF80.3 KB)

 申込書(Word58.3 KB)

【申込み・問合せ先】
小牧市市民活動センター
  〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
      開設時間/10時~18時 休館日/月曜日
      TEL :0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
      E-mail:komaki.npo-c@me.ccnw.ne.jp


2014年02月18日

「八雲町ホタテ産直販売会」を開催しました!

2月16日(日)小牧駅前にぎわい広場にて「八雲町ホタテ産直販売会」を開催しました。
この販売会は、小牧市の友好都市である北海道八雲町のPRと交流を目的とし、平成20年度より始めたもので、今回で6回目の開催となります。

H25hotate-1.jpg
毎年大好評!とれたてのホタテが届きました!!

H25hotate-2.jpg
午前8時の整理券配布を前に大勢の方にお越しいただきました。
早い方は、午前7時頃からお並びいただきました!

H25hotate-3.jpg
販売前には、落部(おとしべ)漁業協同組合ホタテ部会の部会長さんから、八雲町ホタテのPRをしていただきました。

H25hotate-4.jpg
今年は約500人の方にお越しいただき、あっという間に完売となりました。
寒い中、足を運んでくださったのに、ご購入いただけなかった皆様、申し訳ありませんでした。

H25hotate-5.jpgH25hotate-6.jpg
試食コーナーでは、茹でたホタテの他に、落部(おとしべ)漁業協同組合ホタテ部会女性部の皆様が、ホタテ入りソーセージと味噌汁を振る舞ってくださいました。
また、ホタテの剥き方やレシピなどのパンフレットを配布し、八雲町をPRしました。

H25hotate-7.jpg
小豆や昆布などの八雲町物産販売も同時に行い、こちらも大盛況でした。

H25hotate-8.jpg
上街道フェスタ実行委員会による、あたたかいきしめんの販売も行い、冷えた体を温めていました。

H25hotate-9.jpg
有機・無農薬野菜の「にんじんCLUB」による、新鮮野菜とアツアツの肉まんの販売も行いました。

寒い中、早朝よりお越しいただいた皆様、ありがとうございました!

<ホームページ>
 ・落部(おとしべ)漁業協同組合 http://otoshibe-gyokyou.com/
 ・にんじんCLUB https://www.ninjinclub.co.jp/>

2014年01月31日

NPO・ボランティアのための資金マネジメント力アップ講座&相談会「知っておきたい!助成金申請の“イロハ”」 参加者募集のお知らせ

市民活動やボランティア団体にとって「助成金」は、活用したい重要な資金源のひとつ。
この講座では、助成金の活用方法や申請する際の注意点を知るとともに、身近な助成金の特徴や注意事項などを担当者から直接話を聞くことができます。
そして、助成金に関する経験豊富な専門アドバイザーが対応する個別相談会も開催。ここでは、みなさんのニーズに応じた細かいアドバイスが受けられます。
この機会に助成金の上手な活用方法を学び、団体資金のマネジメント力をアップしましょう!

【開催日】 平成26年3月8日(土)  
■講座
【と き】 午前10時~11時40分    【会 場】 まなび創造館 研修室1
【定 員】 15名 (先着順)       【参加費】 無料
【内 容】
1.助成金申請の“イロハ”を知ろう!
 助成金の種類や申請時の注意点を知るとともに、助成金交付を受けた団体の活動事例をご紹介します。
2.身近な助成金の性格と特徴を知ろう!
 3つの助成金担当者が、それぞれの特徴や傾向などを直接お話しします。
 ■小牧市市民活動助成金  小牧市協働推進課 主査 平野ゆうこ
 ■TRI夢・街・人づくり助成金  こまき市民活動ネットワーク 事務局長 伊藤かおり  
 ■事業指定プログラム「ミエルカ」など

H25npokouza3_kimura.jpg
あいちコミュニティ財団 代表理事 木村真樹 氏
3.質問コーナー
 みなさまからの質問に、担当者がお答えします。

■助成金に関する個別相談会
【と き】 午後1時~4時       【会 場】 まなび創造館 学習室
【定 員】 5団体 (先着順)     【参加費】 無料

H25npokouza3_nakao.jpg
相談アドバイザー 中尾さゆり 氏  
 ボランタリーネイバーズ 理事・相談事業部長、モリコロ基金 相談コーナーアドバイザー
①相談対応時間は1団体につき30分です。
②事前に相談内容の概要をお知らせください。
※詳細は申込用紙にご記入ください。

【申込方法】 2月28日(金)までに、申込用紙に必要事項をご記入のうえ、電話・FAX・メールまたは直接市民活動センターへご持参ください。
※お申込みは、セットでもしくは講座のみ、相談会のみでも構いません。

・チラシ表(PDF183KB)
・チラシ裏(PDF144KB)
・参加申込書(Word37KB)

【申込み・問合せ先】
 小牧市市民活動センター
   〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
     開設時間/10時~18時 休館日/月曜日
     TEL :0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
     E-mail:komaki.npo-c@me.ccnw.ne.jp

未来の『つくり場』~できる“コト”から始めてみよう~ 参加者募集のお知らせ

H25tukuriba_logo.JPG

「まちのかたり場」では、2回に渡り“わがまち小牧”についてみなさまに沢山語っていただきました。今回はそこから一歩前に一緒に踏み出したい、何かを一緒に作っていきたいという思いを込めて未来の『つくり場』と名称を変え、今後に繋がる未来を考えて出来ることから実践に移していきたいと思います。
今回もふたたび一宮の星野博氏にナビゲートをお願いします。
さあ、小牧の未来づくりの一歩を踏み出しましょう!

【日時】 平成26年2月19日(水) 午後2時~5時 (午後1時45分~受付) 
【場所】 小牧市公民館4階 視聴覚室

H25tukuriba_hosino.JPG
ファシリテーター 星野 博 氏
特定非営利活動法人 志民連いちのみや理事長、
一宮市市民活動支援センターマネージャー、税理士

【申込方法】 2月12日(水)までに、申込用紙に必要事項をご記入のうえ、電話・FAX・メールまたは直接市民活動センターへご持参ください。

・チラシ表(PDF204KB)
・チラシ裏(PDF62.7KB)
・参加申込書(Word32.5KB)

【申込み・問合せ先】
 小牧市市民活動センター
   〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
     開設時間/10時~18時 休館日/月曜日
     TEL :0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
     E-mail:komaki.npo-c@me.ccnw.ne.jp

 

2014年01月21日

「まちを育む 市民と行政の協働交流会」を開催しました!

1月16日(木)午後6時30分から8時30分まで、小牧市役所本庁舎6階601会議室にて、「まちを育む 市民と行政の協働交流会」を開催しました。

H25kyoudou.JPG H25kyoudou2.JPG
(特)こまき市民活動ネットワーク 松田代表のあいさつの後、
防犯・防災、子育て、福祉など5つのグループに分かれ、自己紹介や意見交換を行いました。

H25kyoudou3.JPG H25kyoudou7.JPG

H25kyoudou5.JPG H25kyoudou6.JPG

初めは、初対面ということもあり、緊張した様子も見られましたが、自己紹介を進めていくうちに緊張がほぐれ、活発な意見が飛び交うようになりました。

また、お話しが弾むようにと事務局スタッフがこんな仕掛けを。
kyoudoukouryuu.JPG
それは、動物の顔を彫った“ケシゴムハンコ”。
これをきっかけに、会話が弾むのを願って、名札と自己紹介シートに、自分に見立てた動物を選んでもらい、このハンコを押しました。

“協働のまちづくり”を進めるには、市民と行政がお互いを良く知り、顔の見える関係を作ることが大切です。
今回の交流会をきっかけとして、お互いの交流が深まり、協働事業が生まれてくることを期待しています。

2014年01月15日

北海道八雲町ホタテ産直販売会を開催します!

毎年大好評!
小牧市の友好都市「北海道八雲町」のホタテ販売会を開催します。
昆布、小豆、鮭関連商品などの八雲町物産販売も同時開催します。

H25%20hotate-1.JPG

小牧・上街道フェスタ実行委員会による温かいきしめんの販売もあります♪
有機・無農薬野菜の「にんじんCLUB」も同時出店!!
新鮮な野菜の他に、アツアツの肉まんも販売します。

・ダウンロード チラシ(PDF432KB)
・『にんじんCLUB』ホームページ http://www.ninjinclub.co.jp/

【日時】 平成26年2月16日(日) 午前9時~正午(雨天決行)※売り切れ次第終了

      午前8時より整理券を配布します。
      ※当日は係員の指示に従い、8時45分までに、整理番号順にお並びください。
       時間に遅れた場合は、最後尾にお並びいただきます。
      ※整理券配布終了後も販売いたしますが、売り切れ次第終了となりますので
       ご了承ください。

【場所】 小牧駅前にぎわい広場(市営小牧駅西駐車場南)

【料金】 1袋10枚程度 500円
      ※おひとりさま6袋まで。
      ※成育状況により枚数に変動があります。

【主催】 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク

【後援】 八雲町/小牧市/小牧商工会議所/(一社)小牧青年会議所

【問合せ先】 特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク
          小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
          TEL:(0568)74-4011 FAX:(0568)74-4070
          E-mail:komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp
          開設時間:10時~18時 休館日:月曜日     

2013年12月19日

「まちのかたり場 ステージ2」を開催しました

12月17日(火)午後7時から、小牧市役所本庁舎4階402会議室にて「まちのかたり場 ステージ2」を開催しました。

0364892.jpg

11月9日に開催した「まちのかたり場」に引き続き、星野博氏をファシリテーターとしてお迎えし、2グループに分かれ、小牧市についてさらに深く語り合いました。

H25katariba2.jpg
はじめに、星野さんからお話をお聞きしました。


IMG_7228.jpg  IMG_7240.jpg
セッション1では、「現在の小牧市(桃花台地域)の暮らしを守るには?」をテーマに、意見交換を行いました。
地域との交流の場、三世代交流の場が必要など、小牧市が抱える課題やその解決策などの様々な意見が出されました。

jCIMG1022.jpg  jCIMG1027.jpg
続いて、セッション2では、くじ引きでグループのメンバーを入れ替え、「未来の小牧市(桃花台地域)を元気にするには?」をテーマに、意見交換を行いました。
ここでも、地域との交流についての意見が多く出されたほか、情報発信の方法など、活発な意見が飛び交いました。

jCIMG1033.jpg  jCIMG1042.jpg
最後に、2つのグループで出された各テーマの意見を発表し、課題の共有を行ったところ、参加者の皆さんから、「もっと語り合いたい!」との声があがり、次回の開催も決まりました。

開催日が決定し次第ご案内いたしますので、興味のある方はお気軽にご参加ください!

2013年11月13日

「まちのかたり場」開催しました!

平成25年度 小牧市市民活動センター 人材育成・研修・交流促進事業
「まちのかたり場」開催しました!

H25katariba-15.jpg
平成25年11月9日(土)午前1時30分~午後4時まで
小牧市公民館講堂にて開催しました。
 “わたしたちのまち小牧”をこんなまちにしたい!自分たちの活動をまちづくりに活かしたい!という熱い思いを持った市民が集まり、年齢や地域、立場も越えて、小牧への思いや未来に必要なことなどをざっくばらんに語り合いました。

H25katariba-7.jpg H25katariba-8.jpg
ゲストスピーカーから“まちづくり”に関するお話しをお聞きしました。
  【講師】星野 博氏  特定非営利活動法人 志民連いちのみや理事長
               一宮市市民活動支援センターマネージャー、税理士

H25katariba-9.jpg H25katariba-10.jpg
カフェコーナーを併設!飲み物を飲みながら、リラックスした雰囲気の中スタートしました。
   【カフェコーナー運営協力】障がい者支援事業 よつばらんど
 
H25katariba-11.jpg H25katariba-12.jpg
セッション①では、協働提案事業化制度のアイデア提案“ひらめき”応募案をテーマにしたグループごとの意見交換を行いました。  テーマは『小牧市(桃花台地区)活性化』
まずは自己紹介と握手をしてからスタート!各グループ活発な意見が飛び交い、お互いの意見に耳を傾けていました。

H25katariba-13.jpg H25katariba-14.jpg
セッション②では、語り合いたいテーマを選んで、自由に意見交換を行いました。同じ問題を共有し合うメンバーが机を囲み、熱い意見交換が行われました。

2013年09月11日

協働提案事業化制度「小牧市新入職員向け“協働”研修」を行いました

平成24年度協働提案事業化制度の採択事業であるこの事業は、平成25年度に新規採用された小牧市職員に向けて「協働」への理解を促し、「協働によるまちづくり」を円滑に推進することを目的とし、こまき市民活動ネットワークと小牧市人事課との協働で2日間にわたり開催しました。


まず、第1日目の最初は、協働相手である市民活動団体を知ってもらうための講義を行い、実際に小牧市の最前線で活躍している団体から、日ごろの活動内容や活動目的などをお話いただきました。


shinnyuu1.jpgshinnyuu2.jpg

こまき市民活動ネットワーク 秦野副代表が行った「市民活動って何?」をテーマとした講義。その途中で「ボランティア経験のある人!」と投げかけると、数人の職員のみなさんから手が挙がりました。結構、学生時代などにボランティアを体験されているのですね。

shinnyuu5.jpg

次に、小牧市で活躍中の「NPO法人こまきe-コミュニティーネットワーク」の加藤理事長より団体の活動内容や今後の目標などをお話しいただきました。

shinnyuu6.jpg

協働推進課 北川さんが「小牧市における“協働”への取り組み」について解りやすいイラストで紹介

shinnyuu7.jpg

shinnyuu8.jpg

協働提案事業化制度の採択事業を実際に行っている担当課(秘書広報課)と団体(こまきe-コミュニティーネットワーク)から、今までの経緯や日々行っているコミュニケーション方法、協働を行って良かったことなどのお話を聞きました。打ち合わせなしの本番勝負だったとのことですが、とっても息が合っているお二人。日ごろからコミュニケーションが取れているのがとても良く分かりました。協働には、これが必要なんですよね。

shinnyuu9.jpg
そして、小牧市の社会課題背景を見据え、市民ニーズに沿った取り組みを行っている「一寸奉仕こまき」の大杉代表から、事例を発表していただきました。この事例から、小牧市で起きている、また、今後が拡大していくであろう問題に対して、行政や市民が何をしていかなければならないか、何を考えなければならないのかを少しでも知っていただくことができたのではないかと思います。

そして、1日目の最後にみなさんに出した宿題。
①あなたの周り(小牧市)で問題になっている(だろう)と思うことは何ですか?(いくつでもOK)
②あなたが取り上げた①の問題の中で、小牧市と市民(市民活動団体)が一緒に解決できそうなことを選んで、その解決方法を考えてみよう。
という問いを考えてきてもらいました。33名のみなさんから寄せられた課題と解決方法は、講義するこちら側も「そんな考え方もあったんだ!」と驚くような、とてもいい発想のものがたくさん。
その宿題をもとにワークショップを行った2日目。

IMG_6117.JPGIMG_6120.JPG
ワークショップの流れを説明後、協働推進課 北川さんより前回のふりかえりと記入例を説明。


IMG_6132.JPGIMG_6156.JPG
真剣にワークに取り組むみなさん。チームによって、話のまとめ方やワークの役割分担の仕方などいろいろなカラーが出ていました。

IMG_6161.JPGIMG_6162.JPG

模造紙にまとめた各チームの「市民と一緒に行う課題解決案」をそれぞれに発表していただきました。みなさんの着目点は素晴らしく、そのまま協働事業にできる可能性があるものもたくさん出され、その発表に対して、協働推進課 堀田係長とこまき市民活動ネットワーク 秦野副代表がそれぞれの立場から助言。会場からは暖かい拍手が送られていました。

この研修を行ったことによって、新入職員のみなさんがこれからの小牧行政を担っていくなかで、さまざまな社会課題、あるいはもっと身近な問題を、パートナーである市民や市民活動団体と一緒に考えることが普通になり、そこからたくさんの相乗効果が生まれ、みんなの力でより良い小牧市が創造される。そのような一歩に繋がることを願っています。

2013年08月02日

第1回「市民情報センター活用検討委員会」を開催しました

8月1日、市民情報センター(小牧駅構内)にて、「第1回市民情報センター活用検討委員会」を開催しました。
これは、昨年度の協働提案事業化制度で採択された「市民情報センター有効活用策の企画検討」事業として、協働推進課とこまき市民活動ネットワークとの協働で企画されたのものです。

この検討委員会では、名鉄小牧駅構内に設置の「市民情報センター」について、利用者である各種団体、事業者、市役所関係課および所有者である名古屋鉄道㈱とで、“魅力ある中心市街地の創造”に寄与することを目的として、より一層活用できる方法を検討します。

第1回目となる今回は、検討委員会設置の趣旨、市民情報センター設置経緯や利用状況などの説明と、情報センターの利用に関するアンケート結果、情報センター活用策のアイデア募集結果の報告を行いました。
その後の市民情報センター有効活用に関する意見交換では、活発な議論が交わされました。

今後2回の検討委員会を行い、市民情報センターの活用方法について話し合っていきます。

2013年04月19日

平成25年度通常総会及び懇親会のご案内

(特)こまき市民活動ネットワーク会員の皆様へのお知らせです。

会員の皆様には過日ご案内を郵送させていただきましたが、下記日程の通り、
「平成25年度通常総会及び懇親会」を開催します。
ご多忙中のところ誠に恐縮ですが、是非ご出席賜りますようお願い致します。

【日時】
 平成25年5月11日(土) 13:00~16:00

【場所】
 勤労センター ホール

【内容】
 1)総会(13:00~)
   審議事項
     第1号議案 平成24年度事業報告の件
     第2号議案 平成24年度決算報告の件
     第3号議案 平成25年度事業計画の件
     第4号議案 平成25年度活動予算の件

 2)「市民活動団体」と「自治基本条例のあり方研究会議」の意見交換会(13:50~)
   主催:自治基本条例のあり方研究会議・小牧市
                                         

 3)懇親会(15:00~)
   総会終了後、懇親会を開催いたしますのでご出席くださいますようお願い申し上
   げます。
   中部フィルハーモニー交響楽団による演奏も行います。
     ※軽食を準備させていただくため、団体内で複数懇親会にご出席の場合は、人数を
      出欠連絡票にお書きください。
     ※誠に恐縮ですが、懇親会には500円のご負担金(当日支払い)をお願いいたし
      ます。

【お願い】
 1)ご出欠のご都合は5月3日(金)までに、ご案内に同封いたしました
  返信はがきでご返事頂きますようお願いいたします。

 2)新年度に入り、(特)こまき市民活動ネットワークにご登録されている代表者・住所等に
  変更のあった方は、同封いたしました変更届に変更箇所をご記入の上、ご返送頂きます
  ようお願いいたします。

【お問合せ先・返送先】
(特)こまき市民活動ネットワーク 事務局
 〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
    TEL:0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
    E-mail:komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp

2013年03月26日

市民活動センターが「次世代啓発モデル事業成果発表会」を開催しました

小牧市市民活動センターが、2013年3月16日(土)北里市民センター講堂にて、
平成24年度次世代啓発事業「次世代啓発モデル事業成果発表会」を開催しました。

昨年10月13日から4回にわたって、この「DIGとまち歩きで災害に備えよう!」に参加してくれたのは北里小学校の5・6年生18名。
小学校区の大きな地図を使って地域の特徴を調べたり、実際にまちを歩いて災害時に役立つものや危ない場所などを見つける防災探索を行いました。その後、実際の災害時にどんな被害が出るのかを想像し、その危険を回避するためにどうしたら良いのかをみんなで考えてきました。

発表会当日は、はじめに小牧防災リーダー会の古谷順彦会長による、防災講演「私たちにできる減災を考えよう!」が行われました。

つづいて、これまでの「DIGとまち歩きで災害に備えよう!」への取り組み紹介と、子どもたちによる発表が行われました。取り組み紹介では、KCTVのCステーションで紹介された場面も放映されました。
子どもたちは取り組みを通して発見した「地域の特徴」や「災害時にどのような被害が出るか」、「減災のために日頃から備えておく必要のあるもの」「この取り組みに参加してから、自分で気を付けていること」について、元気よく発表を行いました。
最後に「災害に備えて」をテーマに自分たちで考えたスローガンを班ごとに発表しました。

発表を聞きに来ていた人たちからは
「災害をイメージすることの大切さを学びました」
「自宅の備えについて見直したい」
「地域の防災への取り組みついて、再確認しなくてはと思った」
「北里だけでなく、他の小中学校でも是非取り組んでもらいたい」
という意見を多くいただきました。

近い将来、必ずくると言われている「東海地震」に備えて、
「防災・減災」を改めて考えるきっかけとなる発表会になりました。


▲小牧防災リーダー会古谷会長の防災講演では、災害時に身を守る方法を初めとして、
誰でもできる減災の方法等を学びました。


▲交流委員会大杉さんが、「DIGとまち歩きで災害に備えよう!」への取り組みを紹介しました。


▲6年生の前田悠里さんの司会で、北里小学校の18名が堂々とステージ上で発表しました。


▲客席のみなさんは、子どもたちの発表に聴き入っていました。


▲各グループごとにスローガンを発表。
 Aグループ「日頃から周りになじみ、対策・準備をして自分で自分を守れるようにしておく」
 Bグループ「対策を考えより多くの命を守る」
 Cグループ「少しずつ防災対策」


▲北里小学校永井校長を初めとして、この取り組みにご協力いただいた方々から感想をいただきました。


▲小牧市役所市長公室危機管理課、稲山課長からの講評。


▲交流委員会西尾委員長より、参加した生徒のみなさんに記念品として携帯防災グッズが手渡されました。

【問合せ先】
小牧市市民活動センター
〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
  TEL:0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
  E-mail:komaki.npo-c@me.ccnw.ne.jp

2013年03月20日

市民活動センターが「協働ステップアップ講座~協働をプランニングしてみよう~」第2回を開講しました

小牧市市民活動センターが、2013年3月13日(水)市公民館4階視聴覚室で、
平成24年度協働啓発事業「協働ステップアップ講座~協働をプランニングしてみよう~」第2回を開講しました。

前回講座に引き続き、講師にNPO法人ボランタリーネイバーズ理事の三島知斗世さんをお迎えし、参加者それぞれの考える協働してみたい取り組みについて、プランニングの方法を学びました。

仲間作りから、事業のスケジューリング、予算の立て方まで、参加団体、講師、行政職員、
スタッフが円を囲み、互いに意見を出し合いました。
普段とは違った視点からの意見を聴くことができ、参加者それぞれが事業をすすめていくヒントを得られた講座となりました。


▲はじめに、前回講座の振り返りを行いました.


▲円を囲んでそれぞれの事業のすすめ方について、意見を出し合いました。


▲協働推進課の大塚主査よりアドバイスをいただく参加者。


▲講師の三島さんより、仲間を集める10のヒントを学びました。

2013年03月13日

市民まちづくりセミナー『協働で育む「小牧の絆」~最前線から学ぶ、協働のイロハ~』を開催しました

2月22日(金)、小牧市役所東庁舎5階大会議室で、『協働で育む「小牧の絆」』と題して、市民まちづくりセミナーを開催しました(市協働推進課と当ネットワークとの共催)。

講師は全国の自治体で、協働によるまちづくりをテーマに、市職員とNPOとの合同研修を数多く手がける、IIHOE〔人と組織と地球のための国際研究所〕代表の川北秀人氏。

この日も会場には市職員と市民合わせて約150人が参加し、今求められる協働によるまちづくりの必要性について一緒に学びました。

▲全国の協働事例をもとに、協働の必要性を説く川北氏。

▲参加者の多さからも協働への関心の高さがうかがえました。

2013年03月08日

小牧市市民活動センターより「協働ステップアップ講座~協働をプランニングしてみよう~」第1回を開催しました

2013年2月20日(水)、市公民館4階学習室4の4にて、
平成24年度小牧市市民活動センター協働啓発事業「協働ステップアップ講座~協働をプランニングしてみよう~」を開講しました。

NPO法人ボランタリーネイバーズ理事の三島知斗世さんを講師にお迎えし、 
協働してみたい取り組みを事業としてプランニングしていくときに必要なポイントを学びました。
参加者は「障がい者雇用」「多世代交流」「地域の美化活動」と、
それぞれ関心が深いテーマで事業のプランニングに取り組みました。

▲わからない点については、三島さんから丁寧なアドバイスがありました。

▲それぞれの提案に、三島さんと協働推進課の大塚主査よりアドバイスをいただきました。


次回、協働ステップアップ講座第2回は3月13日(水)に開催します。

2013年03月06日

講演会『「タカハマ物語」から学ぶ』 を開催しました

2月19日(火) 市公民館4階視聴覚室で、
市民映画「タカハマ物語」の製作実行委員長 鳥居正幸さんと事務局の高須春奈さんをお迎えし、
講演会を開催しました。

この「タカハマ物語」は、愛知県高浜市が映画づくりで街の活性化を図ろうと、
主役の中学生からエキストラ、裏方まで、多くの市民が参加し協力して作り上げた、
高浜市を舞台にした青春ストーリー。

その製作現場に深く関わられたお2人から、
映画のコンセプトである、高浜の未来を担う子ども達への熱い想い、
また7ヶ月におよぶ撮影の中で育まれた子ども達の成長や大人達の意識の変化など、
映画づくりを通して得た貴重な経験を、映像を交えながらお話いただきました。

「映画を作って終わりではなく、ここからがスタートです」と鳥居さん。
次なるステージへの取り組みも始まっているようで、高浜の未来に夢をつなぐそのパワーに「小牧でも!」と、そんな思いにさせられる刺激と元気をいただいた講演でした。

▲「デザインとはなんでしょう?」
デザインディレクターの鳥居さんらしい切り口で講演会がスタートしました。

▲息の合った鳥居さん(写真右)と高須さん。
高須さんは、映画のイメージカラーである黄色いスタッフジャンパー姿で登場。
鳥居さんも黄色のポケットチーフを胸に。

2013年02月27日

「八雲町ホタテ産直販売会」を開催しました!

2月17日(日)に小牧駅前にぎわい広場で「八雲町ホタテ産直販売会」を開催しました。
この販売会は、小牧市と友好都市である北海道八雲町との交流のPRを目的とし、今年で5回目の開催となります。

24hotate2.jpg
今年も八雲町から新鮮なホタテが届きました!

24hotate5.jpg
販売開始前には八雲町の落部漁業協同組合の漁師さんから八雲町のPRをしていただきました。
また、小牧市役所生活交流課からは八雲町の宿泊助成についてのPR、小牧にぎわい隊からは同日に開催された城見市のPRがありました。

24hotate.JPG
寒い日でしたが、販売開始1時間以上前から並ばれる方もおり、
販売開始直前には大勢の方にお越しいただきました。

24hotate3.jpg
今年も、試食コーナーに茹でたホタテを用意し、
ホタテを購入していただいた皆さんに味わっていただきました。

24hotate4.jpg
昆布や鮭関連商品などの物産販売も行い、こちらも大盛況でした。

お越しいただいた皆さん、ありがとうございました!

2013年02月26日

小牧市市民活動センターより『次世代啓発モデル事業成果発表会』参加者募集のお知らせ

小牧市市民活動センターでは3月16日、平成24年度小牧市市民活動センター次世代啓発事業として
『次世代啓発モデル事業成果発表会』を開催します。

昨年10月より3回にわたって「DIG(災害図上訓練)とまち歩き」に取り組んだ北里小学校5・6年生のみなさんが、図上でのシュミレーションや実際のまち歩きを通して、災害対策について真剣に考えました。
自分たちの住むまちの環境を知り、気づき、考えた対策を、子ども達自身の言葉で発表します。
ひとまわり逞しくなった子供たちの姿を是非ご覧ください。
あわせて、小牧防災リーダー会、古谷氏による防災講演も行います。

たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

【日 時】 平成25年3月16日(土) 午前9時30分~正午

【場 所】 北里市民センター講堂

【プログラム】
①防災講演
 「私たちにできる減災を考えよう!」
   小牧防災リーダー会 会長 古谷順彦氏

②DIGを体験した子ども達による発表
   北里小学校5・6年生のみなさん

【定 員】 300名(申込先着順)

【参加費】 無料

【申込締切】 3月13日(水)

【申込方法】 参加申込書に必要事項をご記入の上、電話、FAX、メールまたは
直接市民活動センターにご持参ください。

*ダウンロードはこちらから

・チラシ 表(PDF248KB)
・チラシ 裏(申込用紙) (PDF68KB)
・申込用紙(Word32KB)

【申込み・問合せ先】
小牧市市民活動センター
〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
TEL:0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
E-mail:komaki.npo-c@me.ccnw.ne.jp

2013年01月18日

小牧市市民活動センターより『知っておきたい助成金申請の“キホン”』受講者募集のお知らせ

小牧市市民活動センターでは3月2日、平成24年度小牧市市民活動センター研修事業第2回NPO講座として 『NPO・ボランティアのための資金マネジメント力アップ講座「知っておきたい助成金申請の“キホン”」』を開催します。

市民活動やボランティアの団体にとって「助成金」は、活用したい重要な資金源のひとつ。
しかし、助成金と一言で言っても、その目的や背景などの性質は様々です。そして助成金獲得のためには、その性質を理解し、それらにあった申請を行うことがとても重要なのです。

この講座では講師をお招きして、助成金申請時の基本や押さえておきたいポイントを分かりやすく学びます。
身近な助成金の担当者から直接話を聞くことができるチャンスです!
この機会に助成金の上手な活用方法を学び、団体資金のマネジメント力をアップしてみませんか?

たくさんのご参加をお待ちしています。



【日 時】 平成25年3月2日(土) 午前10時~正午

【場 所】 小牧市公民館4階 視聴覚室

【講 師】 NPO法人ボランタリーネイバーズ理事・相談事業部長 中尾さゆり氏

【内 容】
①助成金申請の“キホン”を知ろう!
 自分に合った助成金の見つけ方、申請書の記入時に気を付けること、
 助成決定後の事業の進め方など専門講師が分かりやすく解説します。
  ●講師  中尾さゆり 氏(NPO法人ボランタリーネイバーズ理事・相談事業部長)

②身近な助成金の性格と特徴を知ろう!
 3つの身近な助成金担当者が、それぞれの特徴や募集事業への思いや
 注意する点などをお話しします。
  ■小牧市市民活動助成金
  ■あいちモリコロ基金
  ■TRI夢・街・人づくり助成金in小牧・春日井

③他にもある!こんな助成金
 その他、様々な助成金情報をご紹介します。

【定 員】 40名(先着順)

【参加費】 無料

【申込締切】 2月22日(金) 締切は過ぎていますがまだ受付可能です!

【申込方法】 参加申込書に必要事項をご記入の上、電話、FAX、メールまたは
直接市民活動センターにご持参ください。

*ダウンロードはこちらから

・チラシ 表(PDF137KB)
・チラシ 裏(申込用紙) (PDF80KB)
・申込用紙(Word32KB)

【申し込み・問い合わせ先】
小牧市市民活動センター
〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
TEL:0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
E-mail:komaki.npo-c@me.ccnw.ne.jp

市民まちづくりセミナー『協働で育む「小牧の絆」』 参加者募集のお知らせ

2月22日、平成24年度市民まちづくりセミナーとして、講演会『協働で育む「小牧の絆」~最前線から学ぶ、協働のイロハ~』を小牧市と(特)こまき市民活動ネットワークとの共催で開催します。

この街“こまき” を
   「小牧に住んでよかった」
  「これからも小牧に住み続けたい」
と思い、安心して暮らせる街にしていくためには
“誇りと魅力を感じられるまちづくり”加え、
   『市民と行政』・『市民と地域』・『地域と行政』
などの“『絆』づくり”が欠かせません。
そして、これらを実現するためにもっとも有効となるのが“協働によるまちづくり”なのです。

今回のセミナーでは、全国で協働の最前線に携わる講師をお招きして、
“協働によるまちづくり”において、
それぞれにどんな役割や責務があるのかを考えます。
協働によってどんなことができるのか、一緒に考えてみませんか?

たくさんのご参加をお待ちしています。

【日 時】 2013年2月22日(金) 午後6時30分~8時30分

【場 所】 小牧市役所東庁舎5階 大会議室

【講 師】 IIHOE(人と組織と地球のための国際研究所)   
        代表者 川北秀人(かわきた ひでと)氏

【講師プロフィ-ル】

1964年大阪生まれ。87年に(株)リクルートに入社し、広報や国際採用などを担当して91年退社。
その後、国際青年交流NGOの日本代表や国会議員の政策担当秘書などを務め、94年にIIHOE設立。NPO・市民団体のマネジメントや、企業の社会責任(CSR)への取り組みを支援するとともに、NPO・市民団体と行政との協働の基盤づくりを進めている。
2004年、05年、07年、09年に、全国各地のNPO支援センターと協働で、約200の自治体(都道府県・市)とNPOとの協働しやすさを7段階で評価する世界初の調査「協働環境調査」を実施し、その結果をもとに毎年50以上の自治体で、職員とNPOとの合同研修を開催している。   

【定 員】 300名

【参加費】 無料

【申込締切】 2月20日(水)       

【申込方法】 参加申込書に必要事項をご記入の上、電話、FAX、メールまたは
         直接市民活動センターにご持参ください。       

*ダウンロードはこちらから
・チラシ 表(PDF211KB)
・チラシ 裏(申込用紙)(PDF78KB)
・申込用紙(word30KB)

【申込・問合せ先】
特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク 事務局
〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
TEL:0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
E-mail:komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp

2013年01月15日

小牧市市民活動センターより「協働ステップアップ講座~協働をプランニングしてみよう~」受講者募集のお知らせ

小牧市市民活動センターでは2月20日、3月13日の2回にわたり、平成24年度 協働啓発事業 「協働ステップアップ講座~協働をプランニングしてみよう~」を開催します。

小牧市では、市民とともに地域課題の解決に取り組むために「協働提案事業化制度」を導入して、市民と行政との協働によるまちづくりを本格的に進めています。
そこでこの講座では、市民のみなさんが自ら解決 したいと思う地域の課題を、行政との協働で解決するための事業の組み立て方について学びます。
  「グループのスキルでまちの課題を解決したい」
  「こんな公共サービスを協働で取り組みたい」
など、みなさんのスキルや熱意を、あたらしい協働 によるまちづくりにつなげてみませんか。
皆さんのご参加をお待ちしています。


【日時・場所】
 第1回 2月20日(水) 19時~21時 小牧市公民館4階学習室4-4
 第2回 3月13日(水) 19時~21時 小牧市公民館4階視聴覚室

【内容】 第1回 『協働のタネを見つけよう』
      第2回 『プランニングを発表しよう』

【講師】 NPO法人ボランタリーネイバーズ理事 三島知斗世氏

【定員】 20名(先着順) ※団体の場合は数名で参加されることをおすすめします。

【対象】 協働によるまちづくりに興味があり、市内で活動する市民活動団体、サークル
      または個人の方

【参加費】 無料

【申込締切】 2月15日(金)       

【申込方法】 参加申込書に必要事項をご記入の上、電話、FAX、メールまたは
         直接市民活動センターにご持参ください。       


*ダウンロードはこちらから
・チラシ 表(PDF146KB)
・チラシ 裏(申込用紙)(PDF49KB)
・申込用紙(Word23KB)

【申し込み・問い合わせ先】
小牧市市民活動センター
〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
TEL:0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
E-mail:komaki.npo-c@me.ccnw.ne.jp


講演会『タカハマ物語から学ぶ』参加者募集のお知らせ

舞台は愛知県高浜市、「タカハマ物語」は市民の手づくりによる自主製作映画です。

(特)こまき市民活動ネットワークでは、この「タカハマ物語」の製作実行委員長 鳥居正幸さんをお招きし、制作のきっかけや、映画を通じて育んだ交流や苦労話など、まちづくりにかけた熱い想いを語っていただく講演会を開催します。
たくさんのご参加をお待ちしています。

【テ-マ】  「映画を通じて交流を」
【講 師】   鳥居正幸氏
          1956年 愛知県高浜市生まれ 小牧市本庄在住
           (株)広告共和国 代表取締役、デザインディレクター
【日 時】 2013年2月19日(火) 
   午後6時30分~8時30分(受付6時から)
【場 所】  小牧市公民館4階視聴覚室
【定 員】  50名(申込み先着順)
【参加費】  無料

☆タカハマ物語とは・・・・☆
映画づくりで街を活性化させようと、愛知県・高浜市・協賛企業らが制作費約1000万円をかけて2011年10月から翌年5月に撮影。
主役からエキストラ、裏方まで、子どもから大人まで多くの市民が映画づくりに参加し、撮影に協力した。監修は映画「20世紀少年」などで知られる堤幸彦監督。2012年9月2日高浜市立中央公民館ホールで一般公開され、10月には名古屋市中区の伏見ミリオン座や高浜市内で上映。
ストーリーは、高浜市の伝統産業である鬼瓦を割ってしまった中学生らが、弁償しようと賞金目当てに瓦利用のアイデアコンクールに応募し奮闘する青春物語。
    「タカハマ物語」公式HP    http://takahamamonogatari.com/ 

【申込方法】 参加申込書に必要事項をご記入の上、電話、FAX、メールまたは直接(特)こまき市民活動ネットワーク事務局にご持参ください。当日のご参加も可能です

【申込締切】 2月15日(金)当日受付可能です

ダウンロードはこちら
・チラシ 表(PDF198KB)
・チラシ 裏(申込用紙) (PDF61KB)
・申込用紙(Word40KB)

【申込・問合せ先】
特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク 事務局
〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
TEL:0568-74-4011 / FAX:0568-74-4070
E-mail:komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp

2012年12月25日

「わかる!たのしい!協働知っとく講座」を開催しました。

2012年11月8日(木)、28日(水)の2回にわたり、市公民館4階視聴覚室で、協働啓発事業「わかる!たのしい!協働知っとく講座」を開講しました。

小牧市では今年度より「協働提案事業化制度」をスタ-トし、地域の課題を市民と行政との協働で解決する取り組みを始めましたが、まだまだ「協働はよくわからない」という方が多いのが現状です。

そこで本講座では、協働がどのようなもので、どうして今協働が必要なのかなど、協働事業に取り組む前にまず押さえておきたい協働の考え方を中心に、ワークを交えながら学びました。

第1回「協働ってすばらしい」 ~11月8日(木)

   
第1部では、本講座のために制作したオリジナル紙芝居を使い、ホームドラマ仕立てのストーリーで協働を分かりやすく説明しました。
受講生は紙芝居の前に集まり、熱心に見入っていました。


紙芝居後、協働推進委員会秦野委員長より協働の考え方を学ぶ講義を行いました。


第2部では、行政との協働に取り組む市内の2団体から、協働事例を発表していただきました。

   
危機管理課との協働による「防災減災支援事業」を発表する、小牧防災リーダー会古谷順彦会長と、
協働推進課との協働で11月29日に開催した「市民討議会」への取り組みを発表する、小牧青年会議所の水野雅尚氏。


第3部では、「協働」という手法を使って、どんな身近な課題が解決できるかを考えるワークに取り組み発表しました。

   
グループで参加のみなさんは、話し合いながらワークに取り組みました。


第2回「小牧市との協働にチャレンジしてみよう」 ~11月28日(水) 


第1部では「課題の発見、そして“協働”へ」と題し、協働推進課の大塚主査より、協働の考え方を学ぶ講義を行いました。


次に前回行ったワーク「協働で解決できる身近な課題」について、「誰を対象に」「何のために」、また「誰と誰がそれぞれどんな役割を担って協働するのか」を書き出すワークに取り組みました。

   
続いてワークシ-トをホワイトボ-ドに貼って発表を行いました。それぞれの発表後、協働推進課大塚主査、協働ルールブック策定委員会秦野委員長、市民活動促進委員会近藤委員より、アドバイスがありました。


第2部では「まちを育む 市民と行政の協働ルールブック」の使い方について、秦野委員長より講義を行いました。


最後に、協働推進課平野主査より「協働提案事業化制度」について説明を行いました。

来年には、協働ステップアップ講座を予定しています。
詳しい情報は1月中旬頃にお知らせいたします。

2012年12月14日

次世代啓発事業「DIGとまち歩きで災害に備えよう!」を開催しました。(2)

前回、地図上で災害をイメージするDIGを体験した子ども達は、
12月8日(土)、実際に自分たちの住むまちを歩いて
災害時に役立つものや危ない場所などを見つける、防災探索に取り組みました。

学校区を3つのエリアに分け、A、B、Cグループがそれぞれを担当。
北里地区で環境・防犯・防災活動をすすめる下小針フレンズと、小牧防災リーダー会のみなさんが同行し、指導とサポートにあたりました。


いつも通っている道にも、発見がいっぱい!


気付いたことや、教えてもらったことなど、どんどん書きとめました。


まち歩きの後学校に戻り、地図と照らし合わせながら書きとめてきたことをまとめ、 グループごとに発表しました。


次回2月16日(土)は、3月16日(土)の発表会に向けて準備を行う予定です。

2012年11月30日

次世代啓発事業「DIGとまち歩きで災害に備えよう!」を開催しました。(1)

小牧市市民活動センターが取り組む次世代啓発事業がスタートしました。

今年度は、DIG(災害図上訓練)を通じて自分が住むまちの環境を知り、災害対策を考えて備えるイメージトレーニングを行ってもらおうという内容です。
DIGとは、Disaster(災害)、 Imagination(想像)、 Game(ゲーム)の頭文字をとって名付けられたものです。大きな災害が発生した時、自分たちの地域にどのような被害が発生し、どのような対応をとればよいかを地図への書き込みを通して、積極的に考えることができる防災訓練です。

1回目の10月13日(土)は北里小学校の5.6年生18名が参加し、説明会を行いました。


「自分の家の「非常持ち出し袋」のある場所、知ってるかな?」の問いに答える子供たち。


交流委員会の大杉富孝さんからDIGの説明を受けました。


2回目の11月10日(土)には3グループに分かれ、実際にDIGを体験しました。
普段生活しているまちですが、改めていろいろな視点から、自然や街並み、特徴をまとめてみて、新たな発見をすることができました。


まずはじめに防災リーダー会代表の古谷さんから防災に関するお話を聞きました。


3グループに分かれていよいよDIGにチャレンジ。
まず自分たちの住むまちの自然や街並みを地図に書き込みました。
次に想定できる災害やその対策について意見を出し合いました。


まとめたものをグループごとに発表し、最後に校長先生から講評をいただきました。

次回12月8日(土)には実際にまちを歩きます。


2012年08月10日

小牧市市民活動センターNPO講座『伝えるチカラを身につけよう!』参加者募集中!

★★★まだまだ、参加者募集中です!!是非お申込みください!★★★

自分たちの団体のことを知ってもらい、仲間や支援者を増やしていくことは、市民活動団体にとってとても重要です。いい活動をしていてもそれを多くの人に知ってもらえなければ、多くの人の参加を得ることはできません。魅力ある発信をするために、まずは自分たちのやりたいことや思いを共有し、団体のミッション(目的)やビジョン(未来への展望)を明確にして、発信の手法を学びましょう。

tutaerutikara2.png

【日時】 平成24年8月25日(土) 午前10時~11時30分

【場所】 小牧市公民館3階 学習室3の2 

【定員】 15団体(先着順)

【対象】 市民活動団体やサークルで数名で参加が可能な団体 (個人参加も可)

【参加費】 無料

【内容】 テキスト「伝えるコツ」を使って、グループワーク形式で行います。
      ・自分達はどういう団体なのか考えよう。
      ・自分達は何をしたいのか確認しよう。
      ・誰に、何を伝えたいのか整理しよう。
      ・自分たちの活動を「ひと言」で言ってみよう。
      ・どんないいことが起きるのか伝えよう。
      ・情報の「届け方」を考えてみよう。
   

【申込方法】 参加申込書にご記入の上、電話、FAX、メールまたは
         直接市民活動センターにご持参ください。       

*ダウンロードはこちらから
 ・チラシ(PDF167KB)
 ・参加申込書(Word65.9KB)

【申込・問合せ先】
 小牧市市民活動センタ-
  〒485-0041 小牧市小牧二丁目107番地 小牧市公民館4階
  TEL(0568)74-4011 FAX(0568)74-4070
  E-Mail komaki.npo-c@me.ccnw.ne.jp

2009年10月01日

NPO講座「伝えるコツを身につけよう!」

平成21年度小牧市市民活動センター「げんき考房こまき」研修事業NPO講座

~広報力・コミュニケーション力UP講座~
    「伝えるコツを身につけよう!」

CIMG50914.jpg


平成21年9月27日(日)、パークアリーナ小牧 会議室にて開催しました。
このセミナーは、NPO団体はもちろんのこと、あらゆる分野で広報に関わる方に、広報力やコミュニケーション力をアップしていただくことを目的に開かれたものです。
講師はNPO広報力向上委員会
日比野純一氏をお招きしました。


「会報やチラシ、ポスター、Webサイトなどをもっとうまく作るにはどうすればいいんだろう?」
「どうしたら、自分たちの目指していることをうまく表現することができるかな?」
そんな悩みの解決法として、

『何よりも大切なことは、伝える目的を明確化すること

自分(自分の所属する団体は)どのような団体なのか

何を・誰に・どうやって伝えたいのか

まずはその点をしっかりと考えた上で、自分の気持ちを素直に伝える』

と講師からのアドバイスがあり、その後一人につき1枚ずつチラシを作成し、講師に講評をいただくとともに参加者同士で活発に意見交換されました。


CIMG50921.jpg

講座終了後のアンケートでは、

・広告にはダイエットが必要!盛り過ぎはよくないことに気付きました。
・「手間ひまを惜しまない」という講師の言葉にビビっときました。
など、今までの自分自身を振り返って見つめなおす感想が多く見られました。

自分の思いや問題意識を、どうすれば共有してもらえるか。
NPO団体や企業の広報担当者に限らず、誰もが一度は悩むコミュニケーションのあり方を
もう一度見つめなおすことこそが、「伝えるコツ」なのではと感じた一日でした。


2008年02月15日

「団塊世代とそれに続く世代のセカンドライフについての意識調査」の結果報告がまとまりました

 小牧市から受託事業として実施した「団塊世代とそれに続く世代のセカンドライフについての意識調査」の結果がまとまりました。

 団塊の世代はその人口の多さゆえに、ベビーブーム、受験戦争、モーレツ社員、ニューファミリー等々つねに新しい時代を作ってきた世代です。
 小牧市在住の団塊世代とそれに続く世代、年齢的には55歳~60歳を照準とするみなさんが何を考え、どのように行動しようとしているかアンケート形式でお尋ねしました。
 団塊の世代と称される世代の方々、これからの時代を担っていく世代の方々もこの調査結果を是非お読みになって、今後の課題を共に考え、皆が住みよい地域づくり・人づくりに役立てていきましょう。


■■ ご覧になるには、下のファイルをクリックしてください。 ■■

●「団塊世代とそれに続く世代のセカンドライフについての意識調査」結果報告書 (全文)
PDFファイル(744 KB)
ファイルをダウンロード←クリック

●「団塊世代とそれに続く世代のセカンドライフについての意識調査」ダイジェスト版

PDFファイル(250KB)
ファイルをダウンロード←クリック


※本調査の詳細等につきましては、特定非営利活動法人 こまき市民活動ネットワーク事務局までお問い合わせください。

TEL(0568)74-4011  FAX(0568)74-4070
E-mail komaki.civic-net@me.ccnw.ne.jp