トップ >  > CKD『モノづくり』から学ぶ理科教室を開催しました!

CKD『モノづくり』から学ぶ理科教室を開催しました!

8月19日(火)、CKD㈱本社工場にてCKD『モノづくり』から学ぶ理科教室を開催しました。
この事業は、近年理科離れが進んでいる子ども達に対して理科や数学への関心を高め科学的な思考のできる子を増やし、モノづくりを支える人材育成に一役買いたいという目的で、CKD㈱とKU-MA(子ども・宇宙・未来の会)とこまき市民活動ネットワークの協働で行ったものです。

ckd1.jpg


ckd4.jpgckd5.jpg
講師としてお迎えしたJAXA宇宙教育センターアドバイザーの遠藤純夫先生より、空気の性質や空気を使った身近な製品についていろいろな視点からお話しをいただきました。
子ども達も保護者のみなさんも興味深々で遠藤先生のお話しに聞き入っていました。

ckd6.jpgckd7.JPG
次は、簡易ブロアー(送風機)を作成。ここでは、CKD㈱の社員のみなさんが先生となり、親子で一緒に仕上げをしました。「すごい!できた!」とあちらこちらで喜びの声があがりました。


ckd8.jpgckd14.jpg
「発砲スチロールの玉が浮いているのは何故なんだろう?」「傾けても落ちないよ!」と目を丸くする子どもたち。その疑問に、遠藤先生が丁寧に答えてくれました。


ckd2.jpgckd3.JPG
そして、次は「手作りエアホッケー」でみんなで遊びました。不思議がいっぱい!でも、みんな理由があるんですね。ここでは空気のちからを体験しました。


ckd10.jpgckd11.JPG
遠藤先生から空気のちからや性質を学び体験したあとは、CKD㈱の製品を通じて、どのように空気の性質が利用されているのかなど、CKD㈱のショールームと工場を実際に見学しました。
そのあと、「今日学んだこと」を用紙に記入、そしてみんなに発表してもらいました。
みんなとっても積極的。いろいろなことを知ることができたという意見が沢山でした。


ckd12.jpg
最後にみんなで記念写真をパチリ。長時間に渡る事業でしたが、親子みんなの笑顔とCKD㈱の社員のみなさんの笑顔がとても素敵で印象的でした。

CKD㈱の社会貢献活動の一環として協働で行った今回の事業ですが、それぞれ違うことを得意とする企業や団体が協働で行ったことにより、次世代の育成や未来のために様々な影響を、そしてより大きな意味を持たせることができたのではないかと感じています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://npo-komaki.net/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/597

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)