トップ協働のページ > 小牧市が『平成26年度に実施する協働事業の提案』を募集しています

小牧市が『平成26年度に実施する協働事業の提案』を募集しています

小牧市が『平成26年度に実施する協働事業の提案』を募集しています。

小牧市では、より効果的な公共サービスを提供するために、市民のみなさんと力を合わせて事業を行う『協働提案事業化制度』を行っています。
※詳しくは平成26年度に実施する協働事業の提案募集要領をご覧ください。

【協働提案事業化制度の目的 】
● 協働によるまちづくりを本格的に進めるため、まちづくり提案を募集します。
● 市民(市民活動団体)と行政それぞれが、協働で取り組むべき地域課題等を提案し、解決に向けて取り組むことにより、小牧市を「市民が輝く活気あふれるまち」とすることを目的とします。

【対象となる事業】
対象となる事業は、以下の要件をすべて満たすことを条件とします。
1.市内で実施される公益的な事業であり、市民(市民活動団体)と行政が協働で実施することにより、地域や社会の課題を解決することにつながる事業
2.受益者である市民に対する具体的な効果や成果が期待でき、市民サービスの向上が図られる事業
3.役割分担が明確かつ妥当であり、市民(市民活動団体)と行政が協働で実施することにより相乗効果や副次的効果が期待できる事業
4.市民(市民活動団体)の特性である「自発性」や「柔軟性」、「先駆性」などが活かされる事業
5.予算の見積りが適正であり、スケジュールや方法等が実行可能な事業

【提案タイプ】
提案タイプには
 1.市民提案型“きらめき”
 2.行政提案型“はばたき”
 3.アイデア提案型“ひらめき” 
の3タイプがあります。


『市民提案型“きらめき”』
市民(市民活動団体)から行政へ協働事業を提案するタイプ

1.特色
◆みなさんの視点により企画された、市民が日ごろ感じている地域や社会での課題の解決や、地域の活性化につながる事業の提案を募集します。
◆ 提案事業については、市民(市民活動団体)と行政が力を合わせ、協働で実施します。
◆みなさんからの提案の受け口を設けることにより、ニーズを知り、それを市政に反映することが可能になるとともに、みなさんのまちづくりに対する想いをカタチにすることで、市民力の活性化を図り、住民自治意識を醸成することを“ねらい”としています。
◆提案がなされた当該年度については事業の企画から予算化までとなり、事業実施は翌年度となります。

2.応募資格
◆『小牧市市民活動推進条例』(小牧市役所HP)に基づき「市民活動団体」として登録している団体で、『まちを育む 市民と行政の協働ルールブック』に定める事項を遵守できる団体。
※ 「市民活動団体」とは、次の条件を満たしていることが必要です。
・ 市民活動を行うことを目的とした団体であること。
・ 3人以上の会員がいること。
・ 主たる活動が市内で行われていること、または活動の拠点が市内であること。
・ 代表者や運営方法が規約または会則で決まっていること。
◆提案事業の契約を有効に締結できる団体であること。

3.選考基準
 必要性・公益性・協働性・効果性・展望性・適性性・実行性  の7項目において審査を行います。

4.応募の手続き
◆応募受付期間 平成25年3月1日(金)から5月31日(金)まで
             ※土・日・祝日を除く
◆提出書類
1)協働事業提案書(様式第1)
協働事業提案書(様式第1) (ワード 56.5KB)
協働事業提案書(様式第1) (PDF 104.7KB)
協働事業提案書(様式第1)記入例 (PDF 180.0KB)

2)収支予算書(様式第2)
収支予算書(様式第2) (ワード 54.0KB)
収支予算書(様式第2) (PDF 75.0KB)
収支予算書(様式第2)記入例 (PDF 91.9KB)

3)団体概要書(様式第3)
団体概要書(様式第3) (ワード 39.5KB)
団体概要書(様式第3) (PDF 43.6KB)
団体概要書(様式第3)記入例 (PDF 71.6KB)


『市民提案型“はばたき”』
行政から市民(市民活動団体)へ協働事業を提案するタイプ(今回は10提案)

1.特色
◆行政から市民(市民活動団体)と協働で取り組みたい課題や事業を提案し、連携団体を募集します。
◆ 画一性・均一性なサービスが求められる行政では困難になってきている事業を、みなさんとの協働で実施することにより、柔軟できめ細やかなサービス提供が可能となり、受益者である市民の満足感を得ることができます。これにより、市民の目線に立った行政経営が可能となり、行政と市民の関係の再構築につながります。

2.行政からの提案内容
 下記HPより詳細をご確認ください。
http://www.city.komaki.aichi.jp/kyodo/jigyo/007205.html

3.応募資格
◆市民提案型“きらめき”と同じ

4.選考基準
 提案の妥当性・協働の必要性・事業の実現性  の3項目において審査を行います。

5.応募の手続き
◆応募受付期間 平成25年3月1日(金)から5月31日(金)まで
             ※土・日・祝日を除く
◆提出書類
1)協働事業提案書(様式第7)
協働事業提案書(様式第7) (ワード 50.5KB)
協働事業提案書(様式第7) (PDF 103.0KB)

2)団体概要書(様式第3)
団体概要書(様式第3) (ワード 39.5KB)
団体概要書(様式第3) (PDF 43.6KB)
団体概要書(様式第3)記入例 (PDF 71.6KB)


『アイデア提案型“ひらめき”』
個人(在住、年齢不問)から行政へ協働アイデアを提案するタイプ

1.特色
◆市民提案型や行政提案型と異なり、団体を組織していない、人材が揃っていない等の要件不足を補うため、個人の方でも提案可能とします。
◆提案されたアイデアは、「まちのかたり場」という“市民が気軽に参加できる集いの場”で提案内容に磨きをかけた後、「まちあい貯金箱」にストックし、アイデアに共感した団体や行政各課が次回以降に協働提案できるようにします。
◆個人の方からの提案も可能とすることで、みなさんの協働に対する関心を高めるといった「協働の土壌づくり」を“ねらい”としています。

2.応募資格
◆個人でも提案することができます。
 また、年齢や在住などの要件もありません。

3.選考基準
審査は行いません。

4.応募の手続き
◆応募受付期間 平成25年3月1日(金)から5月31日(金)まで
             ※土・日・祝日を除く
◆提出書類
1)協働アイデア提案書(様式第4)
協働アイデア提案書(様式第4) (ワード 36.5KB)
協働アイデア提案書(様式第4) (PDF 128KB)
協働アイデア提案書記入例(様式第4) (PDF 102.2KB)

◆その他
事業化の決定後、掲載内容の確認のためにヒアリングを行う場合があります。


【 申込み・問合せ先 】
小牧市役所 市長公室 協働推進課 地域協働係 (小牧市役所本庁舎4階)
   TEL:0568-76-1149   E-mail:kyodo@city.komaki.lg.jp

小牧市市民活動センター「げんき考房こまき」(小牧市公民館4階)
   午前10時から午後6時 毎週月曜日休業
   TEL:0568-74-4011   E-mail:komaki.npo-c@me.ccnw.ne.jp

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://npo-komaki.net/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/434

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)