トップ協働のページ > 第52回技能五輪全国大会小牧市会場における併催イベントを開催しました

第52回技能五輪全国大会小牧市会場における併催イベントを開催しました

第52回技能五輪全国大会が愛知県内8市で開催され、小牧市でも中部職業能力開発促進センター(ポリテクセンター中部)にて、貴金属装身具、ウェブデザイン、時計修理、構造物鉄工の4競技が行われました。
「技能五輪・アビリンピックあいち大会2014」のHPはこちら

それに伴い、11月29日・30日には「小牧市会場併催イベント」として、こまき市民活動ネットワークと小牧市との協働で「ものづくり体験ブース」を設置しました。
2014-12-02_02.jpg  ginou-2.jpg
29日の午前中はあいにくの雨模様でしたが、30日は小春日和となり、たくさんの子どもたちに普段出来ない“ものづくり”を体験してもらいました。

basa-1.jpg basa-2.jpg
☆バーサライター作成☆ 協力:名東電産株式会社
バーサライターとは、縦一列に並んだLEDを左右に振ると残像で文字が浮かびあがるというものです。機械の組立や、好きなローマ字5文字をパソコンで設定するなど、普段出来ない体験に子どもたちは目を輝かせていました。

kannna-1.jpg kannna-2.jpg
☆かんな削り体験・曲げ木で小物づくり☆ 協力:愛知建築士会小牧支部
大きなヒノキをかんなで削る体験は、女の子にも人気で、大工さんになった気分を味わいました。また、5㎜角の木を熱湯でゆでてから型にはめて曲げる体験を行いました。なぜ木が曲がるのか、不思議そうな様子で、スタッフの説明を聞いていました。

rannpu-1.jpg rannpu-2.jpg
☆ペットボトルランプシェード作成☆ 協力:愛知県立小牧工業高等学校
ペットボトルにセロハンや紙などで装飾を施し、ランプシェードを作成しました。高校生のお兄さん、お姉さんに教えてもらいながら、オリジナルのランプシェードづくりを楽しんでいました。

meisi-1.jpg meisi-2.jpg
☆名刺づくり☆ 協力:(特)こまきe-コミュニティーネットワーク
パソコンを使用し、たくさんあるテンプレートの中から好きな絵柄を選んで、名刺を作成しました。出来あがった名刺は早速、名古屋コーチンのPRに訪れていた“こまちん”と交換をするなど、大人になった気分を味わっていました。

maruta-1.jpg maruta-2.jpg
☆丸太切り体験・しおりづくり☆ 協力:兒の森活動グループ
丸太切り体験では、のこぎりの使い方を教えてもらいながら、ヒノキを輪切りにしました。切ったヒノキはとても良い香りで、子どもたちは嬉しそうに持ち帰っていました。また、色々な種類の葉っぱをラミネートしてオリジナルのしおり作りを体験しました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://npo-komaki.net/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/659

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)