トップ助成金情報 > ファイザー株式会社から「ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援~」第19回新規助成募集のお知らせ

ファイザー株式会社から「ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援~」第19回新規助成募集のお知らせ

【プログラムの趣旨】  
  このプログラムは、ヘルスケアを重視した社会の実現に向けて、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体や患者団体・障がい者団体による、「健やかなコミュニティ」づくりへの試みを支援することを目的としています。主に「中堅世代」を対象とした市民活動や市民研究のさらなる発展を応援しています。
  ここでの「ヘルスケア」とは、保健・医療・福祉・生活のみならず、就労等の社会参加活動も含めて一体として捉え、一人ひとりの多様な生き方を支え、心豊かな社会を実現する取り組みを意味しています。また、「コミュニティ」とは、特定の地域社会はもちろんのこと、共通の思いや立場による人々の集まりも含めて考えています。   主に「中堅世代」の「ヘルスケア」に関する「コミュニティ」をベースとした市民活動や市民研究への支援を通じ、このプログラムが社会に生きる一人ひとりのより充実した生き方への一助になることを願っています。
 なお、現プログラムでの新規募集は今年が最終となります。予めご了承ください。
  
【助成対象プロジェクト】 
 助成の対象となるプロジェクトは、「心とからだのヘルスケアに関する市民活動および市民研究」です。   
 「プログラムの趣旨」に従い、主に中堅世代を対象とした人々の社会生活をより豊かにするための取り組みを応援します。特に、以下の点を重視し、市民や患者・障がい者の立場や視点からの柔軟な発想による新規のプロジェクトを期待しています。  
 ①「当事者性」「専門性」「市民性」を尊重した取り組み  
 ②既存の公的制度や施策では実現することが難しい取り組み  
 ③就労を始めとする社会参加を目指した取り組み  
 ※プロジェクトの検討にあたり、詳しくは「応募企画書作成の手引き」をご確認ください。         

【助成対象団体の要件】  
 ①民間の非営利団体であること(法人格の種類や有無を問わない)。  
 ②市民や患者・障がい者が主体的に参加して活動する団体であること。  
 ③日本国内に活動拠点があり、原則として2年以上の活動や研究の実績があること。  
 ④目的や活動内容が特定の政治・宗教などに偏っておらず、反社会的勢力とは一切関
   わっていないこと。

【助成の内容について】  
 1.助成金   
   1件あたり50万円~300万円。今年度の総額は1,500万円です。  
 2.助成期間   
   2020年1月1日から12月31日までの1年間とします。  
 3.継続助成について   
   新規助成を受けた団体は継続助成への応募が可能で、毎回の選考を経て助成を
   決定します。新規助成を含め、最大3回までの助成が可能です。
   ※現プログラムの継続助成は、2020年度(助成期間:2021年1月~12月)および
     2021年度(助成期間:2022年1月~12月)の実施で終了します。

【応募について】  
 2019年6月3日(月)~ 6月17日(月)≪必着≫  
 ※応募方法・応募用紙・応募企画書作成の手引きの入手方法
   ファイザー株式会社のウェブサイトからダウンロードしてご利用ください。  
 ※その他詳細ついてはホームページをご覧ください。(https://www.pfizer.co.jp/)  

【問合せ・申請先】
特定非営利活動法人市民社会創造ファンド ファイザープログラム事務局
                                   (担当: 山田・坂本)
〒103-0012  東京都中央区日本橋堀留町1-4-3 日本橋MIビル1階
TEL 03-5623-5055  月曜日~金曜日(祝祭日をのぞく)10:00~17:00
FAX 03-5623-5057    E-mail:pfp@civilfund.org

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://npo-komaki.net/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1006

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)