トップお知らせ > ファイザー株式会社から「ファイザープログラム ~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援第16回 新規助成」公募のお知らせ

ファイザー株式会社から「ファイザープログラム ~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援第16回 新規助成」公募のお知らせ

ファイザー株式会社から「ファイザープログラム ~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援第16回 新規助成」公募のお知らせ

【テーマ】
「中堅世代」の心とからだのヘルスケア

このプログラムは、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体による、「健やかなコミュニティ」づくりへの試みを支援することを目的としています。
ここで「ヘルスケア」とは、保健・医療・福祉・生活のみならず、就労等の社会参加活動も含めて一体として捉え、一人ひとりの多様な生き方を支え、心豊かな社会を実現する取り組みを意味しています。
また、「コミュニティ」とは、特定の地域社会はもちろんのこと、共通の思いや立場による人々の集まりも含めて考えています。
「中堅世代」の「ヘルスケア」に関する「コミュニティ」をベースとした市民活動や市民研究がより一層深められ、その成果が社会に共有されるよう、今年も全国からのご応募をお待ちしています。

【助成対象プロジェクト】
中堅世代の人々(主に30・40・50歳代)の心とからだのヘルスケアに関する課題に取り組む市民活動および市民研究とします。具体的には、子育て・仕事・家族介護など社会において様々な役割を担っている中堅世代の人々や、疾病・障がい・貧困・差別などにより社会参加に困難を抱える中堅世代の人々が、生き生きと充実した社会生活を実現するための取り組みで、以下の点を重視します。
①「当事者性」「専門性」「市民性」を尊重した取り組み
②既存の公的制度や施策では実現することが難しい取り組み
③就労を始めとする社会参加を目指した取り組み

【対象団体】
①民間の非営利団体であること(法人格の種類や有無を問わない)。
②市民が主体的に参加して活動する団体であること。
③日本国内に活動拠点があり、原則として2年以上の活動や研究の実績があること。
④団体の目的や活動内容が政治・宗教などに偏っていないこと、また団体が反社会的勢力とは一切関わっていないこと。

【応募期間】
2016年6月6日(月)~ 6月17日(金)【必 着 】

※応募方法など詳細はホームページ(http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/philanthropy/pfizer_program/announce/)をご覧ください。

【問合せ・申請先】
ファイザープログラム事務局 市民社会創造ファンド
担当: 武藤・坂本
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3 日本橋MIビル1階
TEL 03-5623-5055 FAX 03-5623-5057
月曜日~金曜日(祝祭日をのぞく)10:00~17:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://npo-komaki.net/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/759

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)