トップお知らせ > 次世代啓発事業「DIGとまち歩きで災害に備えよう!」を開催しました。(1)

次世代啓発事業「DIGとまち歩きで災害に備えよう!」を開催しました。(1)

小牧市市民活動センターが取り組む次世代啓発事業がスタートしました。

今年度は、DIG(災害図上訓練)を通じて自分が住むまちの環境を知り、災害対策を考えて備えるイメージトレーニングを行ってもらおうという内容です。
DIGとは、Disaster(災害)、 Imagination(想像)、 Game(ゲーム)の頭文字をとって名付けられたものです。大きな災害が発生した時、自分たちの地域にどのような被害が発生し、どのような対応をとればよいかを地図への書き込みを通して、積極的に考えることができる防災訓練です。

1回目の10月13日(土)は北里小学校の5.6年生18名が参加し、説明会を行いました。


「自分の家の「非常持ち出し袋」のある場所、知ってるかな?」の問いに答える子供たち。


交流委員会の大杉富孝さんからDIGの説明を受けました。


2回目の11月10日(土)には3グループに分かれ、実際にDIGを体験しました。
普段生活しているまちですが、改めていろいろな視点から、自然や街並み、特徴をまとめてみて、新たな発見をすることができました。


まずはじめに防災リーダー会代表の古谷さんから防災に関するお話を聞きました。


3グループに分かれていよいよDIGにチャレンジ。
まず自分たちの住むまちの自然や街並みを地図に書き込みました。
次に想定できる災害やその対策について意見を出し合いました。


まとめたものをグループごとに発表し、最後に校長先生から講評をいただきました。

次回12月8日(土)には実際にまちを歩きます。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://npo-komaki.net/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/398

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)